“幾何”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いくばく49.5%
いくら34.8%
きか9.2%
いくつ2.2%
いか0.5%
いかばかり0.5%
いかほど0.5%
いくだ0.5%
そこばく0.5%
どれ0.5%
どれほど0.5%
なにがし0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いよ/\城の運命が幾何もないことを悟って、八歳になる嫡男と六歳になる姫君とを、乳人に預けてかに或る方面へ落してやった。
『然う?』と、靜子は解きかけたネルの單衣にを使つて見て、『七寸……六分あるわ。短かゝなくつてよ、幾何電信柱さんでも。』
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
つまり数学と英語と二つの敵を一時に引き受けたからたまらない、とうとう学年試験の結果幾何学の点が足らないで落第した。(六月十四日)
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
真逆様に四番目の男のかの下に落ちて行った話などが、幾何となく載せてあった間に、煉瓦の壁程急な山腹に蝙蝠の様に吸い付いた人間を二三カ所点綴した挿画があった。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
幾何ばかりの悲哀でありませうか
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
ふ可くんば、宮はが美しさの幾何値するかを当然に知れるなり。彼の美しさを以てして箇程の資産をぎ、類多き学士風情を夫に有たんは、決して彼が所望の絶頂にはあらざりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
私の企てた間断なき努力も、上人の残した仕事の前に立って、幾許の量を示し、幾何の深さを告げ得るでしょう!
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
かれ相感でて共婚して、住めるほどに、いまだ幾何もあらねば、その美人みぬ。
こうした泣き笑いに似た気もちから、大工伊兵衛を親元として、みずから幾何の金でまつ川へ身を売ってきた夢八のお艶であった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
幸ひ貴方が話したい事が有るとるる、善し、あの様に間をつた貴方じや、又僕を幾何ほど詐ることぢやらう、それを聞いた上で、今日こそは打踣してくれやうと待つてをつた。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
Jesu Maria! どれほど蒼白をローザラインのうたことやら? 幾何鹽辛水無用にしたことやら
なあに、おれはあの會計係に逢つて、あの吝嗇坊野郎を拜みたほして、あはよくば幾何か月給の前借をする期待でもなかつたなら、どうして役所へなんぞ行つてやるものか。
狂人日記 (旧字旧仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)