“なにがし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
59.6%
何某27.6%
若干5.3%
若干金1.6%
某甲1.3%
多少銭0.6%
幾許0.6%
某氏0.6%
誰某0.6%
若干銭0.3%
何生0.3%
何許0.3%
幾何0.3%
0.3%
某国0.3%
某家0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
沈黙家ではあつたが、世間並に母親が一人あつた。この母親がある時芝居へくと、隣桟敷知合といふ女が来合せてゐた。
何某教授ギリシア哲学史とか、卒業論文「ヴント心理学の研究」とか……様々な科目の表題が、太く叮嚀な文字でしてあつた。
夏ちかきころ (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
かぞえてみると、ひどいもので、七十四両と若干になっていた。そして、袋のうえには、なるほど、武家奉公もしたらしい見事な書体で
下頭橋由来 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
腹掛のかくしへ若干金かをぢやらつかせ、弟妹引つれつゝ好きな物をば何でも買への大兄樣、大愉快の最中へ正太の飛込み來しなるに、やあ正さん今お前をば探して居たのだ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
学師、孫景夏先生の言に、その邑のうちの某甲なるもの、流寇の乱に値ひて殺され、首は墜ちて胸前にかゝりぬ。
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
晩成先生も大分遊歴に慣れて来たので、此処で宿泊謝絶などを食わせられてはらぬと思うので、ずんずんと来意を要領よく話して、白紙に包んだ多少銭かを押付けるように渡してしまった。
観画談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
彼女が株券を売って得た三千幾許の金は、彼の上衣の内かくしに入っているに違いない。彼は貧乏している癖に、いい煙草と競馬に金を浪費うのが好きであった。
秘められたる挿話 (新字新仮名) / 松本泰(著)
マルブランシユの記録する所に依れば、某氏の妻、聖ピウスの祭の日にピウスの肖像を長き間凝視し居りしに、其女の生みし男子の容貌全く彼肖像に似たりし由に候。
小櫻姫はたしかに三浦土地守護神様だ。三浦土地今度不思議にもかったのは小櫻姫のおだ。小櫻姫のお姿誰某夢枕ったということだ……。難有いことではないか……。
川岸女郎になる気で台湾へ行くのアいいけれど、前借若干銭か取れるというような洒落た訳にゃあ行かずヨ、どうも我ながら愛想の尽きる仕義だ。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
売るものが留守ろうはずは無し、どうしているか知らねえが、それでも帰るに若干銭んでえるならまだしもというところを、銭に縁のあるものア欠片も持たず空腹アかかえて
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
く、近頃天津色男何生ふもの、二日ばかりけた新情人から、午後二時半頃としてつてた。
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「切支丹へ入らう、さうすれば何許かの金になるさうだから。」
なあに、おれはあの會計係に逢つて、あの吝嗇坊野郎を拜みたほして、あはよくば幾何か月給の前借をする期待でもなかつたなら、どうして役所へなんぞ行つてやるものか。
狂人日記 (旧字旧仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
元金の上に借用当時から今日までの制規の利子が一ヶ年分と、今度払ふべき九十円の一月分を加へて三百九十円かね、それに対する三月分の天引が百十七円
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
灰皿にも用いよう。がくば、竜涎蘆薈留奇の名香。緑玉、真珠、紅玉らせたい。某国——公使の、その一品ものに使ってから、相伝えて、外国の註文が少くない。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今度某家の娘が某方へ嫁入を致します。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)