下頭橋由来げとうばしゆらい
十八になるお次が、ひとつの嫁入りの資格にと、巣鴨村まで千蔭流の稽古に通い始めてから、もう二年にもなる。 その間ずうっと、彼女は家を出るたび帯の間へ、穴のあいた寛永通宝を一枚ずつ、入れて行くのを忘れた日はなかった。 「あんな、張合いのある乞食 …
作品に特徴的な語句
武士さんぴん 飯櫃いいびつ とお たば 其方そのほう もぐ ざい はず 彼奴きゃつ こん 明日あした 若干なにがし かたじけな かんざし おど ののし 鐚銭びたせん 罪業ざいごう 陽炎かげろう 縮緬ちりめん えくぼ かわうそ ぬか かす 箒目ほうきめ がん 稽古けいこ かせ うなず 祖母ばあ はや すべ 輿入こしい 輿こし 跫音あしおと 贅沢ぜいたく つか 退 あきら 草鞋わらじ 認可ゆるし こと のぞ たもと はる わら ふた こも 堪忍かんにん 弟妹きょうだい 川越かわごえ 島台しまだい 岩公いわこう 密々ひそひそ とつ 媒人なこうど 大家たいけ 夜半よなか いろど ほこり ささや くさめ すす とが つぶや 吃驚びっくり ひる 処女おとめ ほか かたき 消業しょうごう くし 武士さむらい よろこ つぎ 樽屋たるや 柳樽やなぎだる くら もの 提灯ちょうちん 抜刀ぬきみ おのの あわ 悄々しおしお せわ とお