“抜刀”のいろいろな読み方と例文
旧字:拔刀
読み方割合
ぬきみ76.9%
ばっとう12.8%
すっぱぬき2.6%
ぬい2.6%
ぬき2.6%
ばつたう2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
抜刀の両人、文治のより鋭く切掛けました。其の時早く文治は前に押えた腕を捩上げ、同役二人振下す刀の下へ突付けました。
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
と一同を制して、其の中の重立ちたる一人を案内に立たせまして、流罪人取締の屋敷へまいりますると、二三の若者が抜刀で立って居ります。
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
あの酔漢丸山本妙寺中屋敷に住む人で、元は小出様の御家来であったが、身持が悪く、酒色り、折々抜刀などして人をかし乱暴を働いて市中横行し、或時は料理屋へり込み
刹那、匕首が閃めいた。綱五郎が抜刀て飛びかかったのである。再度悲鳴が聞こえた時には、生首を銜えた男の手に、血まみれの匕首が持たれ、その足許に綱五郎が斃れていた。
鸚鵡蔵代首伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
抜刀の脇差が転がって居りますが、それは後になって、此佐渡屋の先代の脇差で、使い手も無いまま、納戸の用箪笥の中に入れてあったものと解っただけの事でした。
大井は抜刀を手にして新塾に這入つて来た。先づ寝所みをつてあたりを見廻して、便所の口に来て、立ちまつた。くして便所の戸に手を掛けて開けた。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)