鸚鵡蔵代首伝説おうむぐらかえくびでんせつ
仇な女と少年武士 「可愛い坊ちゃんね」 「何を申す無礼な」 「綺麗な前髪ですこと」 「うるさい」 「お幾歳?」 「幾歳でもよい」 「十四、それとも十五かしら」 「うるさいと申すに」 「お寺小姓?それとも歌舞伎の若衆?」 「斬るぞ!」 「ホ、 …
作品に特徴的な語句
可憐いとお 嬰児みずこ 生長おおきく あば 稼業なりわい 現在いまどき 何人どなた 怪異ふしぎ 世話 匕首どす 土蔵むすめ 垂髪おすべらかし 日光 おのれ 生存いき 由縁いわれ 義兄あにい 習慣しきたり 黄金かね 乞食ものごい 反抗あらが 官吏かみやくにん 抜刀ぬい 書信たより 腐爛くずれ 財宝はららご 財産しんしょう 馬盥ばたらい 厩舎うまごや 地平じべた 妖怪もののけ 存在もの 書信おたより 老鶯うぐいす 貧弱みすぼら 責任せめ 健康たっしゃ 呆然ぼんやり わたし おんな 幕府おかみ 怪体けったい 改鋳ふきかえ こぼ 渓谷たに 燈火あかり 石崖いしがき 義兄にい 藉口かこつけ 親戚みより 身丈せい 逝去なくな 首級くび 不具かたわ 中央まんなか 代首かえくび 仮面めん 伐材きこり 何時いつ 十個とお 厨屋くりや 古事ふるごと いなな 四辺あたり ほこり 姓名なまえ 婚家うち きれ 年齢とし 幾歳いくつ 微風そよかぜ 悪質わる 戸外そと 挑戯からか とき 昨日きのう 木精こだま 杜鵑ほととぎす なにがし 武士さむらい 殺人ひとごろし 海鼠なまこ みなぎ 濁声だみごえ いらか 生活くらし 疲労つかれ たらい しの 納谷なや つな 肉豊ししむらゆたか 背後うしろ 胡粉ごふん 良人おっと 葬式とむらい