“渓谷”のいろいろな読み方と例文
旧字:溪谷
読み方割合
けいこく68.2%
たに22.7%
たにあい4.5%
たにま4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小仏渓谷において、日本左衛門とああいう訣別をした金吾が、そのごの一念をお粂の行方に傾倒していたのは想像に難くないことです。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
山中には三水と唱える金性水竜毛水白毛水の清泉が湧き、五つの瀑布と八つの丘嶽とまた八つの渓谷とがあって、れも奇観だ。
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
甲斐と信濃の国境、富士見高原のどん詰り、八ヶ岳の渓谷に、極楽浄土があるそうだ。僧院があるということだ。密夫密婦の隠れ場所、院主は尼僧だということだ。だが有髪だということだ。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その愉快なることいわん方なく、膝栗毛の進みもますます速く、来た処は、音に名高き胸突き八丁の登り口。日ははや暮れかかり、渓谷も森林も寂寞として、真に深山の面影がある。
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)