“たに”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タニ
語句割合
38.2%
24.0%
谿19.9%
6.4%
谿谷3.0%
2.4%
渓谷2.0%
1.4%
0.7%
0.3%
山谷0.3%
0.3%
ヶ谷0.3%
渓流0.3%
豁谷0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まいには、毎日木枯らしがいて、ちつくすと、やがてをもをもうずめつくすようになりました。
葛の葉狐 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
かくて仲善き甲乙青年は、名ばかり公園の丘を下りて温泉宿へ帰る。日は西に傾いての東の山々は目映ゆきばかり輝いている。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
に響く波の音、吹当つる浜風は、を渦に廻わして東西を失わす。この坂、いかばかり遠く続くぞ。谿深く、峰ならんと思わせる。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
わが兄弟なりし者にモロントとエリゼオとあり、わが妻はポーのよりわがに來れり、汝のかの女より出づ 一三六—一三八
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
眼の下に広々とした谿谷があり、夕べのが立ちこめていた。しかしまさしくその靄を破って、無数の立派な家々や、掘割に浮かんでいる船が見えた。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
によるの天険をび、その道路湊門を築造するも、ただ攻守の便宜より判断を下し、その関門を設けその津留をなし、その行政の区域を定め、その人民を統制するがごとき
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
この時代のお茶の水といえば、樹木と藪地と渓谷と川とで、形成られた別天地で、都会の中の森林地帯であった。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
三人かに歩みて、今しもり終わり、坂を上りてまばゆき夕日の道にでつ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
それに、最初へ斬りおとした秋穂左馬之介を加えて、きょう仕留めた獲物はつごう三名。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
今朝、野部を立った信玄の大兵は、天龍川をわたり大菩薩を経て、なおその行軍態勢をつづけながら、午下がりの頃、の前面へかかって来た。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
深さ十八尺もあろう崖をのぞく、清冽な水がながれている。そこをという。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
飮食を牛に負せて山谷の中に入る。かならずこの牛を殺して食ふならむ」といひて、すなはちその人を捕へて、獄内に入れむとしければ、その人答へて曰はく
ここにその伺へる賤の男、その玉を乞ひ取りて、恆にみて腰に著けたり。この人、山谷の間に田を作りければ、耕人どもの飮食を牛に負せて、山谷の中に入るに、その國主の子日矛に遇ひき。
カリンポンに着す その翌日雨をしてカリンポンに着きました。その間十五、この都会はダージリンの東、一つの大なるてあります。ダージリンより余程土地が低い。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
この間はの中やを廻って行きましたから思わず道を余計に歩きました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
りて、星影ゆべくおどろ/\しければ、同宿たち渾名してヶ谷といふ。
逗子だより (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
渓流の瀬の鳴る音が遠くで聞こえる。
ネギ一束 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
「いや、剣法でもなんでもあのコツだ。どうして、霧にかくれるというが、あなたの豁谷を渡るあれだ、あの※吸といったら、実際たいしたものだ。」