八ヶ嶽の魔神やつがたけのまじん
邪宗縁起十四の乙女久田姫は古い物語を読んでいる。 (……そは許婚ある若き女子のいとも恐ろしき罪なりけり……) 「姫やどうぞ読まないでおくれ。妾聞きたくはないのだよ」 「いいえお姉様お聞き遊ばせよ。これからが面白いのでございますもの。——許婚 …
作品に特徴的な語句
容貌そっぽ カンバ ヨソホ まじろ もっと 悪戯てんごう 邂逅ゆきあ ぬくも 姿態すがたかたち ばた わたし 平和やすらか すだ 以前このまえ 莞爾にこやか 発見みつけだ 先刻いましがた 招待むかえいれ おもむ はや なぐさ なら くだ わっち 故郷さと たら わし 成長ひととな 逝去 招待まね ぎぬ せい あでや 交際まじわ 露出まるだ 刺繍ぬいと 直接うちつけ いまし あらゆ 同行ゆく 関係かかわ 休息いこい われ こっそ 衰弱よわ ごろも ちいさ つも 明瞭あきらか こす かい 現実まざまざ 尋常なみ まわ 妖怪あやかし 呼吸いきづ 戸外いえのそと あま 跪座つくば 以前まえかた はじ 嘔吐はきけ 退すさ わたくし こだわ ごしら とっ 感覚かん とぼ 判然はっき 頂上いただき よご あが 煤掃すすはら はず 逝去なく 生活くら 明瞭はっき かわ から 最初はじめて いぶ 誘惑そそ 灯火 人界ひとのよ さす かす おのれ 恍惚うっと おの だる 紅葉もみじば