八ヶ嶽の魔神やつがたけのまじん
邪宗縁起十四の乙女久田姫は古い物語を読んでいる。 (……そは許婚ある若き女子のいとも恐ろしき罪なりけり……) 「姫やどうぞ読まないでおくれ。妾聞きたくはないのだよ」 「いいえお姉様お聞き遊ばせよ。これ …
作品に特徴的な語句
香具師やし 離室はなれ 眷属けんぞく 諏訪すわ 裏店うらだな 公達きんだち 幾個いくつ 喉笛のどぶえ 脱兎だっと なみ 高輪たかなわ 物憂ものう 凋落ちょうらく 遮二無二しゃにむに あま 身悶みもだ 合槌あいづち 勃発ぼっぱつ 孤児みなしご 野良のら なだ 不束ふつつか やり 芙蓉ふよう 蛆虫うじむし ろう 僭越せんえつ 木挽町こびきちょう 家来けらい 睡気ねむたげ 蹴出けだ 軽業かるわざ 回向院えこういん 胡座こざ 重畳ちょうじょう 叡山えいざん 愛宕あたご 思惑おもわく 仰天ぎょうてん 山車だし 生血なまち 伽羅きゃら 昏々こんこん 非業ひごう 花弁はなびら 茅葺かやぶき 伺候しこう 曲輪くるわ 苔蒸こけむ 厨子ずし 人物ひと 凛々りり 悪戯者いたずらもの 狼藉者ろうぜきもの 剃髪ていはつ 欺瞞だま 諫言かんげん 身顫みぶる 嫉視しっし 透通すきとお 風貌ふうぼう 唾液だえき 独活うど ひょう 地団駄じだんだ 面憎つらにく 新手あらて 隅々すみずみ 天草あまくさ 胚胎はぐく かがり 凄愴せいそう 香炉こうろ 瞑想めいそう 羽二重はぶたえ 女衒ぜげん 濶達かったつ 突嗟とっさ 陶然とうぜん 谿たに 狂奔きょうほん むじな 駕籠舁かごか 黒檀こくたん 剣呑けんのん 朧月おぼろづき 袈裟掛けさが 見据みす 譬喩たとえ 遠退とおの 阿修羅あしゅら 阿漕あこぎ かじ 御身おんみ 行末ゆくすえ 貪慾どんよく 京師けいし