“尋常”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じんじょう25.6%
ただ18.2%
よのつね15.3%
じんじやう9.1%
たゞ6.8%
なみ6.8%
なみなみ2.8%
ひととおり2.8%
なみ/\2.3%
あたりまえ1.7%
ヨノツネ1.7%
あたりまへ1.1%
ひととほり1.1%
ひとゝおり1.1%
じみち0.6%
じんじゃう0.6%
つねなみ0.6%
ひとかた0.6%
ひとなみ0.6%
まっとう0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
謙譲のはづれは、倨傲よりを備へて、尋常姿容調つて、焼地りつく影も、水で描いたやうに涼しくも清爽であつた。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「あら! ……」と忽ち機嫌を損ねて、「だから阿母さんは嫌いよ。ああだもの。尋常のじゃ厭だって誰も言てやしなくってよ。」
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
こは深き憂にれるが爲めなるべけれど、その憂は貧か戀か、そも/\別に尋常ならざる祕密あるか。これを知るもの絶て無しとぞ。
良兼は何様かして勝を得ようとしても、尋常の勝負では勝を取ることが難かつた。そこで便宜ひ巧計を以て事をさうと考へた。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
花里花魁自分を名指してくれたお客を見ますると、成程新造の申しました通り美男子で、尋常のへっぽこ職人じゃアないらしく思われます。
男「えお嬢さん、お見かけ申せば何うも尋常ならぬ御様子でげすが、何処へいらしッたのでげす、今おりになるんでげすかえ」
それでも後進生や門下生が帰服していたのは紅葉が文壇に勢力があったばかりでなく、尋常ならぬ熱情と親切とを持っていたからであった。
ところで大津法学士は何でも至急に結婚して帰京の途中を新婚旅行ということにしたいと申出たので大津家は無論黒田家の騒動尋常でない。
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
箪笥抽斗しより取出して見せけるを彦兵衞大いにじ偖々御信心なる事尋常の者には勿々出來難き御事なるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いわばこの奴隷で、尋常に雇うとお金を出さなければならないから、養子という事にしただけの人間だよ。
巡査辞職 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
昔を守ることばかりはいかついが、新しいことの考へは唯、尋常の婆の如く、愚かしかつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
聞て尋常の手紙にては手前も一主人容易に出て來る氣遣はないと思ひしゆゑ我等が謀計にて九死一生なりと云てば如何に遠國にてもに寄たら來るべしと思ひての事なりしが
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なるほど承つてみますれば、そんなものでござりまするか存じませぬが、何分にも今晩のうちの人の立腹は尋常の事ではござりませぬ。
心の鬼 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
其の年の秋までに謀策仕遂せるのに一番むずかしいものは、浮舟という老女で年は五十四で、男優りの尋常ならんものがいて居ります。此者を手に入れんければなりません。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
引張りかかるに『何じやぞえ。私が逃げるものではなし。往来中での大声は、ちと嗜んで貰ひましよ。私に話はない筈ながら、あるといはんす事ならば、詮方がないゆゑ行きまする。人通りのない処で、尋常に話すが好ござんせう』
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
へてくれう。……やい、モンタギューめ、破廉恥所行めい。死骸にまでぼさうとは、墮地獄人非人め、引立つる、尋常いてい。けてはおかぬぞ。
らではらるゝことかはさるにても此病人のうへに生計もおつにりかゝるさまが御心配なるべし尋常ならば御兩親見取看護もすべき餘所見聞しさよとみてのぞかんとする二枚戸
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
奥様はコンな幸福は無いツて喜んで在らつしやいましたが、感冒の一寸こじれたのがない御最後でせう——私は尋常ならぬ御恩に預つたもんですから、おしまひ迄御介抱申し上げましたがネ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
妻は尋常より小きに、夫はれたる大兵肥満にて、彼の常に心遣ありげの面色なるに引替へて、生きながら布袋を見る如き福相したり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
お互い尋常のくらしをしていて、別れるというなら話になる。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)