根岸お行の松 因果塚の由来ねぎしおゆきのまつ いんがづかのゆらい
昔はお武家が大小を帯(さ)してお歩きなすったものですが、廃刀以来幾星霜を経たる今日に至って、お虫干の時か何かに、刀箪笥から長い刀(やつ)を取出(とりいだ)して、これを兵児帯(へこおび)へ帯して見るが、何(ど)うも腰の骨が痛くッて堪らぬ、昔は …
作品に特徴的な語句
わらわ 可愛かわいゝ えら なか わき いら 彼女やつ きら きめ がい ゆっ ぽう かえ いゝ つえ おいら せき さゝ 脊負おんぶ びん だま さま うっち まご 一寸ちょい 美人いゝ 拍子とき ひねり から おっか 衣類なり 彼女きゃつ おっし ひけ 不揃ぶぞろい いじ いら いい 娼妓こども とこ あゝ よく わっち つか 茫然ぼっと いら かぶり じき 情人ひと たとえ おろ すげ 悉皆そっくり おっ 良人うちのひと かむ おい 一寸ちょっ 頬冠ほゝかぶり よし わっし 稼業なか もた 翌朝あす 挙動ようす いづ 情人いゝひと 俯伏うつむ つれ しっか 舞台ぶだい かお がい すんで あの たっ つッ 仮令よし いで 歩行かち つき 顧盻みかえ ごまか おつ たげ 尋常なみ 左様さよ 平生つね ようよ はた うま 今朝あさ たった ばか