“入”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
52.1%
はい24.7%
はひ5.8%
いり3.8%
へえ2.8%
いれ2.6%
いら1.8%
0.7%
いる0.6%
へい0.5%
0.5%
しお0.4%
0.4%
いっ0.3%
にゅう0.3%
しほ0.2%
0.2%
はいっ0.1%
いつ0.1%
いで0.1%
0.1%
はえ0.1%
はひり0.1%
0.1%
イル0.1%
0.1%
ひえ0.1%
せえ0.1%
はひつ0.1%
0.1%
しむ0.1%
はま0.1%
はり0.1%
ばいり0.1%
ぺえ0.1%
イリ0.1%
0.1%
使0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、小川れていって、ボンをれてってやったりして、ボンをばせるのをもしみの一つとしているのです。
少年の日の悲哀 (新字新仮名) / 小川未明(著)
あるのこと、は、へいつものごとくってゆきました。すると一のかわいらしい小鳥が、いいいていました。
ふるさとの林の歌 (新字新仮名) / 小川未明(著)
レイクランヅはハイカラな避暑地の目録にはつてゐない。クリンチ川の小さな支流に臨むカンバランド山脈の低い支脈の上に在る。
水車のある教会 (旧字旧仮名) / オー・ヘンリー(著)
『なあに、柳川君には片附けるやうな荷物もないのさ。』と濱島つて『さあ。』とすゝめた倚子によつて、仲間
「そっちの来るのが遅いために、船から玉を上げていると、この先の河原で、飛んだ無茶な侍が邪魔にってしまったじゃねえか」
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
右の話をなしたるに上方の衆は關東者と候へば物をくする心ならんとて松葉屋桐屋共に立出對面に及びしかば大金を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「ぢや、私のへでも來てゐればいゝのに。話の結末がつくまで當分此家へでも來てつしやいな。さうしてゐちや惡いのか知らん。」
孫だち (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
中には身にみて感ずる句さへありしかば、ただその句、その書を面白しと思ふのみならず、俳句といふ者を面白しとまで思ひなりぬ。
俳句の初歩 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
第五、上士族の内にも小禄の貧者なきに非ざれども、してこれを見れば、その活計はに心配なくして、ただの一部に心をるのみ。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
理不尽阿魔女が女房のいる所へどか/\って来て話なんぞをしやアがって、もし刃物三昧でもする了簡なら私はたゞは置かないよ
お延は堀のを見るたびに、自分と家との間に存在する不調和を感じた。家へいってからもその距離を思い出す事がしばしばあった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
文句はプツリと切れて居りますが、それけに凄味はで、千種十次郎も何んとなく背筋に冷たいものの走るのを感じます。
笑う悪魔 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
にやだねえつてんなあ、人形坊だつて本當かね」巫女荷物ていつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
... 仕て居るかナア、実に卓眼には恐れた」谷間田は笑壷に入り「フム恐れ入たか、て出れば未だせてる事が有る実はナ」
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
けだし、以上に申し述べました、六根と六境とが、いわゆる「十二処」といわれるものですが、これをまた「十二」ともいっています。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
る鐘耳元に響き渡り寒風肌膚が如く一待遠く思ふに就我家の事を氣遣母樣が御目を覺され此身の居らぬを尋ねはし給はぬか然共折角是迄來りしを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
朝草は朝に刈り干し夕草は夕べに刈りすべな会ひけり
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
成長の後でも自分で手本をたらさそうなものだが、その時はに洋学の門にて天下の儒者流を目のにして、儒者のすることなら一から十まで皆気に入らぬ、就中その行状が好かない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
見て此品は一昨夜我等方へ盜賊まれし娘がしなり如何して手に入しやと問ければ與兵衞大に肝を潰し彼旅籠屋の客人よりたりと答ふるに利兵衞横手
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
大した官員様のおですし、それに不意だし、また近常さんは目が近くって、耳が遠くっていなすったそうですからね、継はぎさ、——もう御新造さんはとうに亡くなって、子一人
だとつてたが、此處からぢやあつちののそれつてべえ仕切つてすつちんだから、其處れてえとつて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「兄さんの耳へるわけは、なえじゃないか。近郷切ってのお大尽様で、立っとるんだもん。兄さんの耳へ入れる奴がどこにある?」
仁王門 (新字新仮名) / 橘外男(著)
父の日記は、大凡農業日記であつて、そのなかに、ぽつりぽつり、僕に呉れた小遣銭の記入などがあるのである。明治廿二年のに、宝泉寺え泥ぼう、伝右衛門下男て表より
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
アア、サウデスカ? ワタシハ玉子ハリマセン。——春の日のさした往来をぶらぶら一人歩いてゐる。
続野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
運‐輸 射‐利 開‐柘 投‐機 本藩ノ応援ヲ為スヲ以テ主トス 今後自他ニ論ナク其志ニ
海援隊約規 (新字旧仮名) / 坂本竜馬(著)
「そんぢや、今度澤山えびやな、んもしねえで、られちやつまんねえな」土瓶にしたさんはひながらいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
早「ったかね/\、お客さん眠ったかえ……居ねえか……約束だから来ただ、の中へってもいかえるよ、入っても宜いかえ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「よきげてやつぺか、砂糖でもたら佳味かつぺな」獨語のやうにいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
入口軒下橢圓形据風呂があつて十二三の少年るのが最初自分注意いた。少年けた脊中ばかり此方けてして人車ない。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
獨逸等名高國々名所古跡遍歴して、其間すること二十有餘箇月大約千里長途にして、伊太利り、往昔から美術國光譽
一、長閑日永は春季と定め、短夜は夏季と定め、朝寒夜寒坐寒漸寒肌寒夜長は秋季と定め、、つめたしは冬季と定む。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
「今年は、めた水にだのう、こないだも工女が二人河へって死んだというのに、、こんなことがある」「南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏」「オイ何だい、情死かね」
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
菊池寛の作品の——殊に「父帰る」の愛読者。東京の法科大学を三井物産り、今は独立の商売人なり。実生活上にも適度のリアリズムを加へたる人道主義者。
学校友だち (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
神田の兄哥、深川の親方が本郷へ来て旅籠を取るではないから、家業はそれっきりである上に、俳優狂を始めて茶屋小屋をする、角力取、芸人を引張込んで雲井を吹かす、酒を飲む、骨牌
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あの少年たち、元気にまかせて、りしたんじゃあんめえかな。
妖怪博士 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
一、会館ハ辰半未刻退
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
藥鑵れダノゴト二人でよグむアネ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
一俵(およそ五斗入り)のが三十五銭もするです。少し余計にくと一月に三俵も四俵も一人でっちまうですが、その貧しい修学僧侶は一俵で一年ぐらい辛抱しなくちゃあならん。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
その時にネパール国政府の書記官で今はチベットへ公使にって居るジッバードルという人からネパール国に入ってから都合よく行くようにとのことで
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)