“はえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハエ
語句割合
53.8%
7.5%
6.2%
5.9%
5.6%
4.6%
3.6%
南風2.3%
2.3%
1.0%
1.0%
栄光1.0%
這入0.7%
光栄0.7%
0.7%
波延0.3%
0.3%
栄誉0.3%
榮華0.3%
発生0.3%
破壊0.3%
破壞0.3%
破衣0.3%
羽江0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ヘーヘー恐れ煎豆はじけ豆ッ、あべこべに御意見か。ヘン、親のはしりよりか些と自分の頭のでもうがいいや、面白くもない」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ヴェロナにありて、森の奥深くさまよいてはある天堂を思い、街を歩みては「あれこそ地獄より帰りし人よ」と指さされる。
霊的本能主義 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
すると老主人は之に故障を申出でて、クリスマス・イーヴにはわがあるイギリスのものの外はいけないといましめた。
ちょっと側を通ってもの大群が物すごい音を立てて飛び立った。「肺病のたれたや食い残しじゃ肥しにもなりゃしねえ」
(新字新仮名) / 島木健作(著)
別にしたのを粉にした鮒粉と云うものを用意してこの二つを半々に混じ大根の葉をったくなかなか面倒なものであるその声を
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
だ大きな体躯をして立つてるるか、んなよ。弥「用が有るならつてるにやア立つてるえや。 ...
にゆう (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
その為に毎年白木で新調するんです——エライことをやりますよ。た人まで頬冠でみに出るんですからネ
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
そこで首里の方では島尻地方から来た連中を真和志平等に置き、中頭地方から来た連中を南風の平等に置き、国頭地方から来た連中をの平等に置き
ユタの歴史的研究 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)
月のこもりてしろき夜の靄に煙かと思ふ色ぞうごける
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
沖の漁火を袖に呼んで、胸毛がじりじりに仰天し、やあ、コン畜生、火の車め、まだえ、と鬼と組んだ横倒れ、転廻って揉消して、生命に別条はなかった。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
六七人の人夫の一群が前方から来た。破片を運んでいる人夫であるから、邪魔になってはいけないと思ったので、権兵衛は体を片寄せて往こうとした。
海神に祈る (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
大空の「栄光」が/″\に
しやうりの歌 (新字旧仮名) / 末吉安持(著)
手を放さぬでたから、先に這入った奴と一緒に引ずり出されて来る、庄吉はに縛られてしまい
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
父さまが駄荷い置いて気の利かねえ馬方だって、突転ばして打転ばされたが、中々強い人で、話いしたところが父さまの気に入らねえば駄目だよ、アハー
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
また阿部の波延比賣に娶ひて、生みませる御子、若屋の郎女、次に都夫良の郎女、次に阿豆の王三柱。この天皇の御子たち、并せて十九王
この天皇、河俣毘賣の兄縣主波延が女、阿久斗比賣にひて、生みませる御子、常根津日子伊呂泥の命、次に大倭日子鉏友の命、次に師木津日子の命。
「なるほど、親分の眼はえ。さあ、野郎、神妙に申し立てろ」
半七捕物帳:29 熊の死骸 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
私は、貴方との永くもなかった生活を、この上もない栄誉と信じておりますの。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
榮華をばかいとはむ
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
硅藻も野菜と同じように発生たばかりの若芽が柔くて美味いのでその若芽を充分にた鮎が最も肥えているので漁夫仲間では新しい硅藻の事を新アカと申します。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
離れ、畢竟、平等にして変異あることなく、破壊すべからず、ただこれ一心なるのみなれば、らに真如と名づく
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
都城の破壞と安らかの歸國を君に惠めかし。
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
殊に天上天下唯我独尊の釈迦牟尼如来至尊の王位と金殿玉楼すなわち天下の富貴を捨てて破衣乞食の出家となって我ら一切衆生のために身命をって御修行せられたことを思いますと
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
また日向比賣に娶ひて、生みませる御子、大羽江、次に小羽江の王、次に檣日郎女三柱。
何しろおれは間違えをするなあ悪魔みてえにえんだからな。そしておれが間違えをやらかす時にゃ、きっと鉛弾丸でやるんだからな。さあ、もうやって来い。