潜航艇「鷹の城」せんこうてい「ハビヒツブルグ」
第一編海底の惨劇 一、海—武人の墓 それは、夜暁までに幾ばくもない頃であった。 すでに雨は止み、波頭も低まって、その轟きがいくぶん衰えたように思われたが、闇はその頃になるとひとしおの濃さを加えた。 そ …
作品に特徴的な語句
烏賊いか トン インチ 首途かどで 喊声かんせい 殲滅せんめつ 土堤どて 三度みたび 驀進ばくしん まんじ 熾烈しれつ 藻屑もくず 吾々われわれ 蟄居ちっきょ 女形おやま オレンジ 緑色りょくしょく 片言かたこと 蠱惑こわく びょう 鍛冶かじ えび 紺青こんじょう 洋灯ランプ 無間むげん 化物ばけもの 流眄ながしめ 狷介けんかい 蠢動しゅんどう 頂辺てっぺん 皮膚はだ 今暁こんぎょう 総身そうみ 進捗しんちょく わし 晦冥わだつみ 杜絶とぎ 歯齦はぐき 顎髯あごひげ 挿画さしえ センチ はがね 四肢てあし 雄々ゆゆ 現場げんじょう 華美はで 陛下へいか 異形いぎょう ほう 創痕きずあと 心許こころもと 佝僂せむし 屹然きっ 目睫もくしょう 煤煙ばいえん 気息いきづ 莫逆ばくぎゃく 剛毅ごうき 蠕動ぜんどう フィート 弥撒みさ みつ 生身なまみ うる 機関エンジン 仕掛からくり るい 帆桁ほげた ヤード 陰影かげり 気怯きお 支倉はぜくら オキゾス 神業かみわざ 他目よそめ 海人あまの 盲人めくら なげ 殺害せつがい 潰瘍かいよう ふね 蝦蟇ひきがえる 木精メチール 文身いれずみ 不具者かたわもの 残滓かす 宝石たま 菩提樹リンデン 大団円キャタストロフ 姦夫かんぷ 怯気おじけ 短艇ボート 蛇腹じゃばら 外部そと 疾病しっぺい 黒髪ブルネット 払暁ひきあけ 機宜きぎ 漏斗じょうご やき