潜航艇「鷹の城」せんこうてい「ハビヒツブルグ」
第一編海底の惨劇 一、海—武人の墓 それは、夜暁までに幾ばくもない頃であった。 すでに雨は止み、波頭も低まって、その轟きがいくぶん衰えたように思われたが、闇はその頃になるとひとしおの濃さを加えた。 その深さは、ものの形体運動のいっさいを呑み …
作品に特徴的な語句
とっ かし ひい おぞ しと めず ぼう ただ 大神ヴォータン 行動ふるまい きちが うるわ くん リーフ あけぼの 樹脂レギーナ いじ ランド 誇張イペルボール 結合コンビネーション 大砲やつ 水銀メルクル 硫黄ズルフル はず 結局とどのつまり 仕掛からくり はた きらびや 陰影かげり 看過みのが 黒髪ブルネット 水神アンディーン 気息いきづ 漂浪さまよ あけ ノット 周囲ぐるり 明瞭はっき 薄衣ヴェール かん 女王クイーン 悪霊ベーゼルガイスト 遊戯ゲーム 運動うごき とど こた ぎょ しょう 火箭ロケット ほと やき はず とざ とう 極微ちっ 功績いさお こうべ あば 莞爾にっこ 雄々ゆゆ ドラマ たぶ 撫子カーネーション 晦冥わだつみ マイル 気怯きお 光栄はえ 紅殻アイゼンメンニンゲ ことわ 悪狡わるがし わらわ 浪漫ローマン 気息いぶき 蒼海あおうみ 譫妄たわごと 喇叭ラッパ よこし もぐ 杜絶とぎ 維納ウイン オレンジ 海人あまの 独逸ゲルマン 諧謔ユーモア 所作しぐさ 伝説ザガ さと