“仕掛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しかけ45.5%
しか33.8%
じかけ10.4%
じか3.9%
トリック1.3%
からくり1.3%
しかか1.3%
アイエ1.3%
卜リック1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれどももとより、舞台にはなんの仕掛もありませんし、は人形の中にじっとんでいますので、にも気づかれませんでした。
人形使い (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
段々れて來るに從ツて、お房は周三に種々な話を仕掛けるやうになツた。而ると其のがまた、周三の心に淡いをかけた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
月野博士はロウエル教授へで 火星は水がない そこで運河へは火星が大仕掛給水ポンプで水をくばるといふのぢや
とはれぬところへ、と、げるおもちゃの噴水や、ばね仕掛けのお相撲人形る、露店んでいたのでした。
青い草 (新字新仮名) / 小川未明(著)
仕掛を見た時、島幾太郎とその手下の者が少しも驚かなかったのはうしたわけであろう——、あの青い眼鏡でだけ読める仕掛けを
青い眼鏡 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
あのまんまと仕組んだ屍体消失の仕掛でさえ、僕の眼だけは、あざむくことができなかったのです。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
折角仕掛った物が出来ないとては学者の外聞が悪いとか何とかうようなけで、私だの久留米の松下元芳鶴田仙庵等は思切たが、二、三の人はた。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
お徳は派手なしなを作り乍ら、もうすつかりガラツ八を『お前仕掛』で呼んで居ります。
「これに羽が生えて売れなければベイブ・ルースは三振してカロル親王殿下がルウマニアの王位に就く」と言ったふうな、リンピイ一流の狙い仕掛が潜ませてあったからだ。