“火星”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かせい28.6%
マルス28.6%
くわせい14.3%
カヒル14.3%
マルテ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
火星金星が出会うと雨が降り、木星水星とが出くわせば雷電風雨となる。またもしこれらの遊星の出現が特定の恒星と一緒になるときにはその作用が一層強められる。
月野博士はロウエル教授へで 火星は水がない そこで運河へは火星が大仕掛給水ポンプで水をくばるといふのぢや
けれども同時に火星は軍神(ローマのマルス)でもあり、勝利者を意味するということに故事つけて、カヒラは以後「勝利の町」として理解されるようになった。
七重文化の都市 (新字新仮名) / 野上豊一郎(著)
かつその姿を改めぬ、木星もし火星とともに鳥にして羽を交換しなば、またかくの如くなるべし 一三—一五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)