“鶴田仙庵”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つるたせんあん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鶴田仙庵”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
折角せっかく仕掛しかかった物が出来ないといっては学者の外聞がいぶんが悪いとか何とかうようなけで、私だの久留米の松下元芳まつしたげんぽう鶴田仙庵つるたせんあん等は思切おもいきったが、二、三の人はやった。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)