福翁自伝ふくおうじでん02 福翁自伝02 ふくおうじでん
慶應義塾の社中にては、西洋の学者に往々自から伝記を記すの例あるを以て、兼てより福澤先生自伝の著述を希望して、親しく之を勧めたるものありしかども、先生の平生甚だ多忙にして執筆の閑を得ずその儘に経過したりしに、一昨年の秋、或る外国人の需に応じて …
作品に特徴的な語句
なおっ まじわっ さがっ おわっ はなっ ひやか わずらっ あがっ たっ きい きまっ つい おこなわ さわっ くだっ とおっ あたっ くわ きたっ いき つまっ かわっ 背負せおっ たたかっ いっ 一寸ちい にぶっ はいっ ことわっ すまっ こもっ わらっ かむっ かわ かぶっ かえっ まわっ どもっ はい 表面うわむき わかっ 仕舞しまえ かたっ あつまっ しばっ ふっ のま あまっ ちがっ かえっ など いっ あざむい よし こうむっ ねがっ 挙動きどう すっ あずかっ 誘引そそのか きか ならっ よし しまっ たわぶれ さぶらい やぶっ つくっ かっ やしなっ ふっ 仕舞しまっ あっ あつかっ のぞい つい けずっ 動揺ゆれ 饒舌しゃべっ よい いっ やめ まいっ 一寸ちょと きる おもっ むい ぬすん おこっ ひっそ あっ かわっ よっ あっ ばっ まよっ
題名が同じ作品