福翁自伝ふくおうじでん02 福翁自伝02 ふくおうじでん
慶應義塾の社中にては、西洋の学者に往々自から伝記を記すの例あるを以て、兼てより福澤先生自伝の著述を希望して、親しく之を勧めたるものありしかども、先生の平生甚だ多忙にして執筆の閑を得ずその儘に経過したり …
作品に特徴的な語句
土間どま 稍々やや 愚弄ぐろう 寄越よこ 御機嫌ごきげん 緻密ちみつ 牡蠣かき 伯林ベルリン どんぶり たが かんな 嫌疑けんぎ もとめ 御家人ごけにん トン 慷慨こうがい 狐狸きつねたぬき もんめ 日数ひかず 閻魔えんま 畢生ひっせい 白刃はくじん 河豚ふぐ ちん 行灯あんどう 開闢かいびゃく 人足にんそく 布令ふれ 香港ホンコン 是等これら たみ 編輯へんしゅう 胡麻化ごまか しめ 従弟いとこ 和睦わぼく やり 小倉こくら 掻巻かいまき 反物たんもの 外道げどう 蛆虫うじむし 戦争いくさ 掃溜はきだめ 発心ほっしん 大喝たいかつ ぬか 請合うけあ 屈託くったく 銘々めいめい 偏頗へんぱ 一晩ひとばん 牢屋ろうや 御幣ごへい 成行なりゆき 不逞ふてい 冥土めいど 熨斗のし 見栄みえ 木挽町こびきちょう らち 頑張がんばっ 御蔭おかげ 躍起やっき 未曾有みぞう 見合みあわ 居士こじ 牛蒡ごぼう 立退たちのき 面倒めんどう 一足ひとあし 不如意ふにょい 齟齬そご 生捕いけど 張子はりこ 書翰しょかん 気振けぶ 人参にんじん 伺候しこう 胡魔化ごまか 縷々こまごま 追々おいおい 辞儀じぎ 仮初かりそめ 科人とがにん 齷齪あくせく 年寄としより 碇泊ていはく 一歩いちぶ つと 落人おちうど 函館はこだて 経文きょうもん 呑込のみこ 所望しょもう 宝物たからもの 抵当かた 雑煮ぞうに 吾々われわれ 手蹟
題名が同じ作品