“養”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やしな66.7%
12.3%
やしなひ6.2%
やう2.5%
そだ2.5%
すご1.2%
1.2%
1.2%
1.2%
ひた1.2%
やし1.2%
やしなう1.2%
やしなっ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寶鼎金虎し、芝田白鴉ふ。一瓢造化し、三尺妖邪り、逡巡ることをし、また頃刻かしむ。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
大后の幸でませる故は、奴理能美がへる蟲、一度はふ蟲になり、一度はになり、一度は飛ぶ鳥になりて、三しき蟲二七あり。
此近在の農人おのれが田地のうちに病鶴ありてにいたらんとするを見つけ、たる人参にて鶴の病をしに、日あらずて飛去りけり。
まはり候へば此廓の火宅を今日しも御放れ候てしき方へ御根引珍敷新枕御羨敷は物かはに殿にはそもじ樣は陰陽を起しにして一ふを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
玉之助掌中の玉としみてけるに妻は産後の肥立荏苒ひしが秋の末に至りては追々疲勞泉下の客とはなりけり嘉傳次の悲歎は更なりきものを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
当然サ、二十三にも成ッて母親さん一人さえ楽にす事が出来ないんだものヲ。フフン面目が無くッてサ」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
師匠は、徒弟を多くとることを好まず、子いから手がけて人と為す、という建前であった。
痀女抄録 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
晋の大興二年呉人華降猟を好み、一快犬をうて的尾と号し常に自ら随う。隆、江辺に至りを伐る。犬暫く渚に出次す、隆大蛇に身を巻かる、犬還って蛇を咋い殺す。
みかどがまだ尊治親王とよばるる御身分にすぎなかった幼少から、わが家にておだて申しあげて来たいわゆる乳父の彼であった。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
然れども後には、その伺見たまひし御心を恨みつつも、ふる心にえへずして、その御子をしまつるに因りて、その玉依毘賣に附けて、歌獻りたまひき。その歌
さりとはをかしくなり、なれや阿波ちゞみの筒袖れはひがはなんだとらぬにはふぞかし、れをに六子供を、轅棒にすがるなり
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
切言すれば宇宙のうべからざる一種異様なる力と交わり、時の要求と共に推移り活社会に活動するの人格をを教育の最大目的とせねばならぬ。
教育の最大目的 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
何でも書生をて遣ると云うことが面白くて、書生の世話ばかりして、そ当時仙台の書生で大童の家の飯をわない者はなかろう。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)