“養蚕”のいろいろな読み方と例文
旧字:養蠶
読み方割合
ようさん84.4%
かいこ9.4%
やうさん6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勿論養蚕とか地機とか糸繰りとか、若干農村に縁のある内職も探し得たであろうが、何にしても労働が土と関係が薄くなるようでは
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
勘さんの嗣子の作さんは草鞋ばきで女中を探してあるいて居る。さそうな養蚕の女なぞは、去年の内に相談がきまってしまう。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
連年の養蚕の失敗を恢復しようと、非常に手をげてつた蚕が、気候の具合で、すつかりれて、一時に田地の半分ほども人手に渡して了ふといふ始末。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)