“嗣子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しし60.0%
あととり11.4%
よつぎ11.4%
しゝ5.7%
むすこ5.7%
あとつぎ2.9%
あとゝり2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは豊橋市の素封家の嗣子で、その地方の銀行の重役をしている男で、義兄の勤める銀行がその銀行の親銀行になっている関係から
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
勘さんの嗣子の作さんは草鞋ばきで女中を探してあるいて居る。さそうな養蚕の女なぞは、去年の内に相談がきまってしまう。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
凡ての者の後方にて彼等いふ。ひらかれし海をわたれる民は、ヨルダンがその嗣子を見ざりしさきに死せり。 一三三—一三五
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
一説に曰く、桔梗の方がかに公をんずるようになったのは、公が最初の約束にいて則重の嗣子を殺害したのが原因であると。
百樹京水をしたがへて越後に遊びし時、此小千谷の人岩淵氏(牧之老人の親族なり)の家にをとゞめたる事十四日、(八月なり)あるじの嗣子廿四五岩居といふ、をよくす。
死神吾等婿死神吾等嗣子此上吾等んでもかも彼奴れう、財産もかも死神めにれませうわい。