“しし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シシ
語句割合
獅子35.1%
11.0%
孜々10.8%
四肢9.2%
死屍7.1%
嗣子4.5%
4.1%
鹿3.2%
刺史2.6%
尿1.5%
1.3%
子思0.9%
0.6%
野猪0.6%
四子0.4%
志士0.4%
猪鹿0.4%
孜孜0.4%
孳々0.4%
猪肉0.4%
四至0.2%
小便0.2%
史糸0.2%
史詩0.2%
子祀0.2%
市肆0.2%
師子0.2%
御子0.2%
指示0.2%
指趾0.2%
枝々0.2%
死志0.2%
0.2%
獅々0.2%
矢矢0.2%
示指0.2%
肥肉0.2%
詩旨0.2%
詩詞0.2%
豕々0.2%
豕脂0.2%
賜詩0.2%
鹿猪0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
恐ろしき六月十八日の様はよみがえってき、人工の記念の丘は消え、何かのその獅子の像も消散し、戦場はまざまざと現われて来る。
二人の浪士が、を上げて、疾風を切るみたいに、追いかけていた。一人の浪士の着物のに、赤い吹矢が、突き刺さっていた。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
自分は生れながらにして何も知っている者ではない。古聖の道を好んで、ただ孜々として求めて倦まないものだ。」とか
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
立ち昇る白煙の下を、猛獣は剥製のようにピンと四肢を伸ばして、一転、二転、三転し、に長々と伸びたまま動かなくなった。
人間豹 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
山は焼け、渓水死屍で埋もれ、悽愴な余燼のなかに、関羽、張飛は軍をおさめて、意気揚々、ゆうべの戦果を見まわっていた。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
金を掛けてわざわざ変人になって、学校を出ると世間に通用しなくなるのは不名誉である。外聞がわるい。嗣子としては不都合と思う。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
自ら先に乾坤の刀争裡に馳駆するだけあって、その眼は鷲のような鋭光を放ち、固く結んだ口もと、おきのりしまった肩から腕の外見
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
一日鹿に法然院を尋ねた後銀閣寺に入つてわたしは案内者の説明を聞いてゐる中、偶然以上のやうな事を感じて踵を囘した。
十年振:一名京都紀行 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)
これなん先頃から洛陽郊外の澠池に兵馬をめたまま、何進が再三召し呼んでも動かなかった惑星の人——西涼刺史董卓であった。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「よけいなお世話のようですが、さっき掛けた女衆が、嬰児粗相をさせたんでまだ、尿れている筈で、——お値だんは同じ事、こちらへ、お腰かけなさいまし」
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この太子の御名、大鞆和氣の命と負はせる所以は、初め生れましし時に、鞆なす御腕に生ひき。かれその御名に著けまつりき。ここを以ちて腹にましまして國知らしめしき。
子思は「あるいは生れながらにこれを知り、あるいは学んでこれを知り、あるいはんでこれを知る」
家猪野猪、野獸を甚だ稀に且つ竊に食ひ、しやも、かしはの鍋屋さへ甚だ少かりしほど肉食をなすこと稀なりしに引替へて
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
ラクシャンの第四子、末っ子だ。
楢ノ木大学士の野宿 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
政治を論じたり国事を憂いたりする事も、恐らくは貧家の子弟の志すべき事ではあるまい。但し米屋酒屋の勘定を支払わないのが志士義人の特権だとすれば問題は別である。
正宗谷崎両氏の批評に答う (新字新仮名) / 永井荷風(著)
これより後、淡海の佐佐紀の君が、名は韓帒白さく、「淡海の久多綿蚊屋野に、猪鹿にあり。その立てる足は、原の如く、指擧げたるは、枯松の如し」
この頃に孜孜として研鑽を重ねたひとが後に名をなしたのです。
明治懐顧 (新字新仮名) / 上村松園(著)
得テ年来ノ宿望漸ク将ニ成ラントスルヲビ奮ツテ自ラ其説文ヲ起コシ其図面ヲ描キ拮据以テ日ニ其業ニ従ヘリ而シテ其書タル精ヲ極メキ以テ本邦今日日新学術ノ精華ヲ万国ニ発揚スルニ足ルベキモノト為サント欲スルニ在ルヲ以テ之ヲス必ズヤ此ニ幾十載ノ星霜ヲ費ス可ク其間日夜孳々事ニ之レ従ヒ其精神ヲ抖擻シ其体力ヲ
猪肉か牛肉の刺しが付いているのを見ると
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
売買譲与の証文には四至と称して、所在と反別の他に四方の堺にあるものを掲げることになっていたが、これでは平素の用は足りずそのまた隣の地にも何とか名がなければすまなかった。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
けれどもそれだけではやはり分劃等に不便であったとみえて、荘園の堺を示すに用いたのと同じ方法で、四至というものを使っている。たとえば東限溝・北限何太夫作・西限道の類である。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
それは粗相をした延宝で、小便がしたくなつても、じつと坐を立たないで、その儘袴のなかにしてそ知らぬ顔をしてゐたところに、に五十四郡の太守たる貫目がある。
「親方、かんにんしとくなはれや、小便たのは延宝さんやおまへん、だすよつてな。」
素材の史糸はどこまで史家の糸で織って行きたいと思うし、またすこしでも往時の実際を紙背に読む読者の試案にもなろうかと、折にふれお目にかけているにすぎない次第である。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
實際熱帶國には不思議動物れば、不思議植物もある。へると化物になる。印度化物本場であつて、神聖なる史詩ラーマーヤナには化物澤山る。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
どうじゃ。驚いたかな。わしの名はな、子輿というてな、子祀子犁子来という三人の莫逆の友がありますじゃ。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
召返し、いて、昌黎うしてふ。ずや、市肆賤類朝暮みに齷齪たるもの、一事ずるあり、ばずしてをかなすと、叔公大目玉はす。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
もし諸鳥獣その辺に至らば皆同一色いわゆる金色なればすなわち師子獣王と同色なり、諸鳥獣既に師子と同一金色なりといえどもその力勢功徳名称ことごとく師子王と等しからず
空色の長衣を着、白い帯をしめ、御子鼻に金の鼻眼鏡をかけ、腕の赤い、胴の大きな、肥満した年増の婦人が、シューマンとブラームスとの二、三の歌曲を、しっかりした声で歌った。
我は我の神を拝しこれにのみうべしと、基督の決心ここにおいて定まり、生涯の行路彼に指示されたれば、悪魔は彼を説服するに由なく、ついに彼を去りたれば天使来りて彼にえたり。
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
蒼黒くむくんだ、溺死者のような相貌になり、手足は極端にまで痩せ、指趾は絶えず顫戦し、唇からはよだれが垂れた。
山彦乙女 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
告げ来り、告げ去り、もはやここの本陣も、さながら暴風の中心に立つ一木の如く、枝々みな震い樹葉みなふるえた。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……あとは孔明にべつの計りもあれば、味方を思わず、その一ヵ所を一の戦場として死志を励め
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
香爐やうながせる、——
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
「では大したものだ、獅々とか、吉簡とかいう秘曲もふけるのじゃろ」
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
矢矢相属し、発発相及んで、後矢の鏃は必ず前矢の括に喰入るが故に、絶えて地にちることがない。
名人伝 (新字新仮名) / 中島敦(著)
左の示指拇指で、作左衛門の首筋をピタリと押えた佐の市、これは圧手と言って、その道ではなかなかやかましいもの。
禁断の死針 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
肩幅広く、胸張りて、頬に肥肉つき、顔く、色の黒き少年なりき。腕力もあり、年紀けたり、門閥もければ、近隣の少年等みな国麿に従いぬ。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
或人(同)曰く、歌ふを旨とすると、思を述ぶるを旨とするとは、詩旨においても詩形においても、自らその趣を異にすべきは当然の理義なるが故に、云々。
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
尋常一様詩詞の人の、綺麗自ら喜び、藻絵自らい、して其の本旨正道を逸し邪路にるを忘るゝが如きは、希直の断じて取らざるところなり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
近世豚の字を専らブタとむ。この語何時始まったかを知らぬ。『古今図書集成』の辺裔三十九巻、日本部彙考七に、明朝の日本訳語を挙げた内に、羊を羊其、猪を豕々として居る。
ミ翁また若返り、二術士を二に化し、自らその一にり、山より投下す。今一の驢に豕脂を負わせ、報酬として鼠どもに贈るとある。
又其の賜詩三首の一に
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
なお山部赤人の歌に、「朝猟に鹿猪み起し、夕狩に鳥ふみ立て、馬めて御猟ぞ立たす、春の茂野に」(巻六・九二六)がある。赤人のには此歌の影響があるらしい。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)