山彦乙女やまびこおとめ
安倍半之助が、ついに彼の生涯を縛りつけることになった「かんば沢」の名を、初めて耳にしたのは十歳の年のことであった。それはかなりきみの悪い、妖しい話であり、のちに、兵庫という叔父の奇怪な失踪、という出来ごとにも、関連していた。 遠藤兵庫という …
作品に特徴的な語句
宿じゅく 蔵匿ぞうとく づる つか 円座あぐら いかめ むな ほう はず たかぶ いら 鉱滓こうし さと 夕凪ゆうな 黄昏たそが 鷹山たかやま ろう かめ 信義のぶよし まば ひろ 蘚苔せんたい 直截ちょくさい さき かす 宿しゅく 沓脱くつぬ きま とき つか 如何いかん はぎ まつ たず 城址じょうし かな 嘲笑ちょうしょう ふん かけひ 葛布くずふ くず 菱形ひしがた おぎ 草鞋わらじ 草臥くたび 茱萸ぐみ いばら 茅戸かやど かや 苦悶くもん 苛立いらだ 花鋏はなばさみ 花菱はなびし 良人おっと そう 舳先へさき 舌鋒ぜっぽう 臍曲へそまが ぜん ひざ すね もろ きも さかな 肩衣かたぎぬ はら ふけ 耀かがや ひるがえ 羞恥しゅうち 美味うま ののし わな すが ほころ 綴糸とじいと つづ 白鷺しらさぎ 目庇まびさし さかずき しわ しび