“腑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
99.3%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それにしてもあんな方角に、あれほどの人家のある場所があるとすれば、一たい何処なのであろう。私は少しに落ちぬ気持がする。
Sさんは一寸に落ちないような表情をしたが、K氏あてに手紙を書いてくれ、お百姓さんに対しては私のために礼を述べてくれた。
遁走 (新字新仮名) / 小山清(著)
「疲れてゐるから、酒はよく利くぜ、五を驅けめぐるやうだ、ところで——」
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
「目違い致すな。江戸侍はが違うわッ」