旗本退屈男はたもとたいくつおとこ04 第四話 京へ上った退屈男04 だいよんわ きょうへのぼったたいくつおとこ
その第四話です。 第三話において物語ったごとく、少しばかり人を斬り、それゆえに少し憂欝になって、その場から足のむくまま気の向くままの旅を思い立ち、江戸の町の闇から闇を縫いながら、いずこへともなく飄然と姿を消したわが退屈男は、それから丁度十八 …
作品に特徴的な語句
ウラナイ 男子ナンシ コマ あき アルジ ちょ 口賢くちざか しめ あい がん おの なぶ 眉間まゆね はりつけ えにし おお ざま 爪弾つまびき なま つい 退 たか 下乗ゲジョウ にわ とき もと ふて さと 戦争いくさ にな だま 清水きよみず 珍斎チンサイ あて くら 算木さんき すい 美姫ビキ たん おのずか 荒肝あらきも 莞爾かんじ 袈裟げさ 西国さいごく 雑言ぞうげん 青嵐あおあらし ごろ こうべ 鳶頭とびがしら 下知げち 不埒ふらち 不埓ふらち 人集ひとだか 仇色あだばな 仇花あだばな かい 仔細しさい 仕置しおき くだん はべ 偽唖にせおし 傲然ごうぜん 兄哥あにい 内証ないしょ 凄艶せいえん 刄襖はぶすま 剣風けんぷう 勃然ぼつぜん 午下ひるさが ただ 叱咜しった 向後こうご 啖呵たんか のう かつ わら 嚇怒かくど 土産みやげ 壬生みぶ 大切だいじ 天誅てんちゅう 天譴てんけん 夫情フジョウ 女子おなご 女将おかみ 奴凧やっこだこ 婢共おんなども 嫣然えんぜん 小者こもの 後腹あとばら 徘徊はいかい こわ たの
題名が同じ作品