旗本退屈男はたもとたいくつおとこ08 第八話 日光に現れた退屈男08 だいはちわ にっこうにあらわれたたいくつおとこ
——その第八話です。 現れたところは日光。 それにしても全くこんな捉まえどころのない男というものは沢山ない。まるで煙のような男です。仙台から日光と言えば、江戸への道順は道順であるから、物のはずみでふらふらとここへ寄り道したのに不思議はないが …
作品に特徴的な語句
さむれい からか ヒトエ おうき おと 手練てだ へい おの 徴発チョウハツ 永代エイダイ 股立ももた がき あし あぜ みだら 依而ヨッテ しあわせ こまか つむり すけ しろ ふり いら はば ざま かたじけ つの 退 黒白こくびゃく 生計たつき わざわ なめら そばた だて むね かな たん だね おび 莞爾かんじ こら おと おぼ ひる こわ もう なじ いざな 介添かいぞ つか 大象たいぞう 大気おおき 売家うりいえ らつ とも 邪気じゃき ごう 口説くぜつ つど 雨曝あまざ 百舌もず 目篇めへん 汚情おじょう 石高こくだか みぎり 神寂かんさ 禁厭まじない 麻幹おがら 科人とがにん 稲叢いなむら けが 穿 うかが 鱈腹たらふく 篝火かがりび 粗相そそう 精悍せいかん とき ぬか もとどり 綽名あだな 縹緻きりょう 風情ふぜい 罵声ばせい たぐい まか 頬白ほおじろ きも きぬ かな さば 遮切さえぎ 蝟集いしゅう のこ 逼息ひっそく 血音ちおと
題名が同じ作品