“精悍”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せいかん99.2%
かいがい0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かくのごとき文人と、その最も、思想的にも人間的にも精悍であったであろう時期に、深い交渉をもったのが遠藤清子なのであった。
遠藤(岩野)清子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
正座についている、精悍な顔つきをした役人ふうな瘠せた男は、もと長崎物産会所の通訳で、いまは横浜交易所の検査役仁科伊吾
顎十郎捕物帳:14 蕃拉布 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
お島は人に口をくのも、顔を見られるのも厭になったような自分の心のえを紛らせるために、一層精悍しい様子をして立働いていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)