“精悍無比”の読み方と例文
読み方割合
せいかんむひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
精悍無比のきこえある鬼武蔵が、じっと、鳴りをしずめておるには、何ぞ、劃策があるにちがいない)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ただ精悍無比……というよりは無茶なその挙動が、すべての人の荒胆をひしぎました。
大菩薩峠:20 禹門三級の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
精悍無比ときこえた亀井武蔵守の兵七百、内藤清成手勢五百、加賀爪甲斐守の一隊六百余人、高力与左衛門の三百五十人、水野勝成後詰の人数九百あまり、軍奉行天野三郎兵衛康景
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)