遠藤(岩野)清子えんどう(いわの)きよこ
それは、華やかな日がさして、瞞されたような暖かい日だった。 遠藤清子の墓石の建ったお寺は、谷中の五重塔を右に見て、左へ曲った通りだと、もう、法要のある時刻にも近いので、急いで家を出た。 と、何やら途中から気流が荒くなって来たように感じた。 …
作品に特徴的な語句
かむり ひと 男子ひと ひえ きょく 女人おんな ひと 皎々しろじろ なくな 今日いま つら 公衆ひと かおる たた きら こわ おも きれ 洗湯おゆ 彼女あいつ なぶ なく 女人ひと 婦人ひと 黄白きじろ おろか かか 飛鳥とぶとり 頭髪あたま いつも 頑固かたくな がさ 陶器せともの うしろ もの しに 表面おもて 墓石おはか きわ 平常へいぜい しち あった 昼飯ひるはん がた 旧家うち タバコ 不幸ふしあわせ 生々いきいき 手焙てあぶ 争闘あらそい 事件こと 些事こと 炬火きょか 飼猫かいねこ かたわら 恋愛こい 入湯おゆ 冷々ひえびえ 出来でき 忍耐がまん じゃ 移転ひっこし のち 呻吟うめ かじ 場処ところ のが ふくら ひと 放縦ほうしょう そこな 明日あした 家主やぬし 家居かきょ 肝入きもい すく 苦悶くもん 若人わこうど 苛々いらいら 芽生めば 花櫛はなぐし 花世はなよ 芋阪いもざか なか 背筋せすじ 秋骨しゅうこつ だま 硝子ガラス 神田かんだ 移転ひっこ 稽古けいこ