“綾瀬”の読み方と例文
読み方割合
あやせ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然るに今日に至っては隅田川の沿岸には上流綾瀬の河口から千住に至るあたりの沮洳の地にさえ既に蒹葭蘆荻を見ることが少くなった。
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
工場が殖え、会社の社宅が建ち並んだが、むかしのや、綾瀬の面かげは石炭殻の地面の間に、ほんの切れ端になってところどころに残っていた。
老妓抄 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
折柄上潮に、漫々たるをたたえた隅田川は、のゆくり、筑波山までくかとわれるまでに澄渡って、綾瀬から千して真帆方帆
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)