向嶋むこうじま
向島は久しい以前から既に雅遊の地ではない。しかしわたくしは大正壬戌の年の夏森先生を喪ってから、毎年の忌辰にその墓を拝すべく弘福寺の墳苑に赴くので、一年に一回向島の堤を過らぬことはない。そのたびたびわたくしは河を隔てて浅草寺の塔尖を望み上流の …
作品に特徴的な語句
なげす すぐ まま なみ はて すぐれ たまたま すてさ 思出おもいいづ しろか とも とも おしひら わざわい あつ 悄々しょうしょう のべ きわま おの きょ あげ もと よぎ きら すなわち しばら つら うう むな なな まさ とおざ おもい およそ かえりみ あるい わらい しばし もっとも ほっ きょう さえ はた ほとんど とき 春花しゅんか つら ゆだ 窺知うかがいし あた 花時かじ 一般いっぱん 忽地こっち 丁卯ていぼう いたずら 徃昔おうせき 楊柳ようりゅう 西東せいとう おおぶね ほと しゃ とお ことごと またが くだ たのし はじ べつ 穿うが 剰水じょうすい 漁舟ぎょしゅう しきり いと および はな めい なん ひら うた あし わたし おおい 月明げつめい