“傘”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かさ56.9%
からかさ35.2%
がさ6.0%
おおかさ0.5%
おおがさ0.5%
からか0.5%
パラシュート0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と小声にじながら、を力に、岨路を登り詰めると、急に折れた胸突坂が、下から来る人を天に風情で帽にって立っている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
なくてはならざる匂袋、これを忘れてなるものか。頭巾つて肩掛を懸ける、雨の降る日は道行合羽の目のをさすなるべし。
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
だが、そんな不愉快な日ばかりもなかったのは、若葉の道ををさしかけて、連れ立って入湯にゆくような、気楽さも楽しんでいる。
遠藤(岩野)清子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
丁度五月雨の暮方でございましたが、童子を一人御伴に御つれになって、をかざしながら、ひそかに二条西洞院の御屋形まで参りますと、御門は堅くしてあって、いくら音なっても叩いても
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
を借りてかえったが、飛鳥神社の屋根が見えるようになってから、雨が大きくなって来たので、出入の海郎の家へ寄って雨の小降りになるのを待っていると
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
と改められし處歳の頃四十三四百の男にて身の内に三ヶ處頭上よりへ掛て切付し一ヶ所より突通せし疵二ヶ所其さ一これ有其澤瀉に岩と云字の印し付是あり懷中には鼻紙入藥包み一ツに手紙一通あり其上書
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
と叫びましたが、間もなくポカーアンと大きな音がしたと思うと、姫の頭の上で大きなが開いて、折から吹く風につれて、向うに見えるお城の方へフワリフワリと飛んで行きました。
オシャベリ姫 (新字新仮名) / 夢野久作かぐつちみどり(著)