“からか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
揶揄48.4%
調戯21.9%
4.3%
3.9%
戯弄3.9%
嘲弄3.5%
調弄3.1%
調戲2.3%
1.6%
挑戯1.2%
揄揶0.8%
弄戯0.8%
愚弄0.8%
0.4%
嘲戲0.4%
悪戯0.4%
悪謔0.4%
戯談0.4%
戯謔0.4%
挑発0.4%
0.4%
翻弄0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手拭つてこつちいてる姐樣ことせててえもんだな」がつたから瞽女一人揶揄つていつたものがある。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「お前はよくそんな事まで覚えてゐるね。」——夫にかう調戯はれると、信子は無言の儘、眼にだけのある返事を見せた。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
暑い暑いといいながら二人三人と猫の子のようにくッつき合って、一人でおとなしく黙っているものにいかける。
夏の町 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
私も傍で聞いていてうのだと思った。女房も始めは笑談にしていたが、銭占屋はどこまでも本気であった。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
家にいる他のたちはまたそれを面白がって、対手になって戯弄うと、彼女は生真面目な顔をしてそれに受けえをしているという有様である。
狂乱 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
「おちやん、おいとしぼや。……」なぞと、お駒を嘲弄ふものもあつたが、お駒は洒々として、襷がけで働いてゐた。
父の婚礼 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
こんな事を言つて半ばは調弄つてゐる間に、下女は、板の間に買ひ立ての焜爐や鍋などを並べて、自分の鉛筆を削るナイフを持つて玉葱の皮を剥いたりしてゐる。
胡瓜の種 (旧字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
朝湯けるは、屹度寐坊なさるのね」と細君調戲口調であつた。小六性來弱點であるとんでゐた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
いやはや困った御笑談を申さるる御方じゃ。御立派やかな若殿が老人をうものではござらぬわい。一揆の証拠どこにおじゃる。石垣の修築と境内の秋芝刈りを願おうと存じたのでな。
それがまた坑夫達には可笑しいので、声を揃えて笑いながら口々にやはり挑戯うのであった。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
或日のこと、やはり學校歸途庄園でラクダルを揄揶つて少年の中に、つたか感心して自分是非怠惰屋にならうと決心した一人あつた。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
いくら騒いでも、愚弄っても、よしんば踏んだりたりしても、彼らは自分と共に一枚の板に彫りつけられた一団の像のように思われた。寝るときは布団は敷かなかった。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と改められし處歳の頃四十三四百の男にて身の内に三ヶ處頭上よりへ掛て切付し一ヶ所より突通せし疵二ヶ所其さ一これ有其澤瀉に岩と云字の印し付是あり懷中には鼻紙入藥包み一ツに手紙一通あり其上書
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
私はそれを思ふと、何となく人に嘲戲はれさうな氣がして、氣羞かしくて堪りませんでした。
そうではのうてあの狐めのれ半分の悪戯いから、殿の心をたぶらかし、この山吹を賭物にして、もしこの山吹をわが君が、心に従わすことが出来たなら、あの狐めも殿の御心
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ふとある疎藪の所で彼れは野獣の敏感さを以て物のけはいをぎ知った。彼れははたと立停ってその奥をすかして見た。しんとした夜の静かさの中で悪謔うようならな女の潜み笑いが聞こえた。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
「あなたは空想家だ。小栗風葉の書いた欽哉にそっくりだ。」と、戯談うように「欽哉々々。」と言っては
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
ソレを巻きつけ髷をコワして浪人の様に結び其上へ頬冠りをして鉄砲をひで行きました。処が私は鉄漿を付けて居るから兵隊共が私の顔を覗き込んで、御卿様だなどと戯謔つて居りました。
千里駒後日譚 (新字旧仮名) / 川田瑞穂楢崎竜川田雪山(著)
傍から女房が芸妓買ですかと挑発ったを、急に買物がと心懸に言訳して初めて我部屋に入り、もう暮てもいゝ頃と思ったのが午後四時、それからの一時間をやっと送って、過日の伏糸で宿を立出で
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
僕は毎晩のように、あなたの夢を見て、あなたの名を——「僕のいとしい女中さん」と寝言に呼んで、隊中の者からわれました。……
アンドロギュノスの裔 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
盗んだ品をる日返すのは、盗みを道楽にしている人でなきゃア、私どもを翻弄っているに相違ございません、何とかしてあの野郎をフン捕まえなきゃア、銭形の平次も世間へ顔向けがなりません