坑夫こうふ
さっきから松原を通ってるんだが、松原と云うものは絵で見たよりもよっぽど長いもんだ。いつまで行っても松ばかり生えていていっこう要領を得ない。こっちがいくら歩行たって松の方で発展してくれなければ駄目な事だ。いっそ始めから突っ立ったまま松と睨めっ …
作品に特徴的な語句
えぶ がら 這入へっ ぱなし かたま ざり 倦怠だるい けえ じら わかり いび ふか ほうぶ ねむ おさえ きた はずれ さが 焦慮いら ちょ 目眩めまぐるし まぜ しば しゃが 沢山いくら づまり 御前おめえ びき ひらた さき たも うごか くわ どま ぺら なら あっ 取附とっつけ かけ おせ 御代おかわ こうぶ 筒袖つつっぽう 日光ひのめ しい よそ ちげえ ちかい 奇怪けげん きょく 瞞着だまさ まご 顛倒あべこべ 苛責いじめ とどま 湿しっ つらま 冷笑ひやかし 仕損しくじり ぱし 焦心じれっ あったか もとよ おお つかえ 侮辱ぶべつ がけ ぎり へり さぐり わけ むすび ぎゃく うし もちや いら ゆき さが たっ ふく ざら みじけ かまい 一人だれか 退しりぞ 出抜ずぬ 翌朝あした 明日あくるひ