坑夫こうふ
さっきから松原を通ってるんだが、松原と云うものは絵で見たよりもよっぽど長いもんだ。いつまで行っても松ばかり生えていていっこう要領を得ない。こっちがいくら歩行たって松の方で発展してくれなければ駄目な事だ …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 裸足はだし たが 稲妻いなずま 納得なっとく 素足すあし 囲炉裏いろり 煙草盆たばこぼん 天秤てんびん 浅黄あさぎ 唐桟とうざん 断乎だんこ 日数ひかず あん 下卑げび 供養くよう 午過ひるすぎ 鵜呑うのみ もも 藁葺わらぶき 音沙汰おとさた 小倉こくら 律義りちぎ 耄碌もうろく ぬか 惜気おしげ 人非人にんぴにん 布団ふとん 浪花節なにわぶし 不束ふつつか 困憊こんぱい わく 神楽坂かぐらざか 半襟はんえり 陳腐ちんぷ 成行なりゆき 初手しょて らち 日蔭ひかげ 緑青ろくしょう 見栄みえ まつげ 天秤棒てんびんぼう 人魂ひとだま 奇特きどく 御蔭おかげ 抹殺まっさつ 拳骨げんこつ 五位鷺ごいさぎ 気兼きがね 疳癪かんしゃく 相容あいい 威丈高いたけだか 小豆あずき さん 脚気かっけ 手数てすう 三途さんず 硝子窓ガラスまど 蒟蒻こんにゃく 蹴落けおと 足掻あがき 厭世えんせ 海鼠なまこ 二間ふたま 一歩ひとあし 椋鳥むくどり しょく 吾々われわれ 賞翫しょうがん 両人ふたり 根太ねだ 土器かわらけ 見逃みのが 唾液つばき 煙硝えんしょう 稀代きたい 初夏しょか 悠長ゆうちょう 幾年いくつ しめ 万更まんざら 手持無沙汰てもちぶさた 道端みちばた 束縛そくばく 根気こんき 漠々ばくばく 膳立ぜんだ 面当つらあて 後姿うしろかげ 遥々はるばる 木賃宿きちんやど くろぶし 蒼黒あおぐろ 極楽ごくらく 生甲斐いきがい 綜合そうごう