“御前”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごぜん52.1%
おんまえ9.6%
おまえ9.0%
みまえ4.8%
おまへ4.3%
おまい3.2%
ごぜ3.2%
おんまへ3.2%
みまへ3.2%
おめえ2.1%
ゴゼ2.1%
おめあ1.1%
まへ1.1%
みさき0.5%
オマヘ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
可笑なお話をいたしましたが、策伝の話より、一御意ひ、其後数度御前されて新左衛門が、種々滑稽雑談じたといふ。
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
言語や名称は時代によって意味が違って来る。「お」という言葉は昔は至尊の御前に称するもので、先方に対する最敬語であった。
南満鉄道会社っていったい何をするんだいと真面目に聞いたら、満鉄の総裁も少しれた顔をして、御前もよっぽど馬鹿だなあと云った。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
けれどもまた、そんなにしてけてあげるよりはこのまま御前にみんなで行く方が、ほんとうにこの方たちの幸福だとも思いました。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
どうも、さんもまり近頃御出でないし、御無沙汰してゐるのでね、つい御前御話をするにもかなかつたんだよ
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「御米、御前子供ができたんじゃないか」と笑いながら云った。御米は返事もせずに俯向いてしきりに夫の背広を払った。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それで諸君が東京の御前ってごらんなさると立派な花崗石で伊藤博文さんが書いた「天下之糸平」という碑が建っております。
後世への最大遺物 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
「毘沙門さまの御前黒雲た(モウ)」 (衆人)「なんだとてさがつた(モウ)」(山男)「がふるとてさがつた(モウ)」とさゝらをすりならす。
天使等オザンナを歌ひつゝ己が心を御前にさゝげまつるなれば、人またその心をかくのごとくにさゝげんことを 一〇—一二
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
御前はどこだ。こんな所へ全体何しに来た。身体つきは、すらりとしているようだが。今まで働いた事はねえんだろう。どうして来た」
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
狂言小唄に、「遥かの沖にも石のあるもの夷の御前の腰かけの石——夷様の腰掛けの石が沖にあるとの義——」とある。
男『フンフン、御前ハンモタケスカ。フン、ニソダチナハン。アレガラナハン、サ來ルヅギモ面白ガタンチェ。ホリヤ/\、大變ダタァンステァ。』
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
御前いでりへつて、氷嚢つて醫者んでい。まだいからきてるだらう」
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
かれ大國主の神、出雲の御大御前にいます時に、波の穗より、天の羅摩の船に乘りて、の皮を内剥ぎに剥ぎて衣服にして、り來る神あり。
或は、由来記を信じれば、月神が穀物の神とせられてゐる例は、各国に例のあること故、御月御前に宛てゝ考へることが出来さうである。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)