琉球の宗教りゅうきゅうのしゅうきょう
一はしがき 袋中大徳以来の慣用によつて、琉球神道の名で、話を進めて行かうと思ふ。それ程、内地人の心に親しく享け入れる事が出来、亦事実に於ても、内地の神道の一つの分派、或は寧、其巫女教時代の俤を、今に保存してゐるものと見る方が、適当な位である …
作品に特徴的な語句
メデ オメ アキ イマ ヤカ チユ ナイ トモ オメケリ ケイ オメ マブイ ミチ ヨメ 御前オマヘ 殿トオン ヒラ ヲガ ノロ シヤウ ガミ 大神オホヌシ 東方アガリ オヤ ツカ オナリ モリ ナヅ クダ クチ 仮名ケミヤウ 殿トノ 殿内ドンチ カン ノギ 巫女ノロ 後生グシヨ 殿内ドノチ ガマ カア 南風ハエ ヤカ 平等ヒラ ことさ ケタ 神人カミンチユ タヽ ヌキ ニシ すなはち キミ ナア 斎場サイフア 殿内トヌチ 男神ヰキイガミ 久高クダカ 儒艮ジユゴン いま あざ 御嶽オタケ 桁行ケタユキ 梁間ハリマ 稜威イツ 間切マキリ 三平ミヒラ 儀来ギライ 国頭クニガミ 天降アモ 奄美アマミ 安田アダ 島尻シマジリ 川平カビラ 拝所ヲガン いつ 日時トキ モリ 歌舞アソビ 玉城タマグスク 真者マムン 知念チネン 石垣イシガキ トマ まみ 離島ハナレ 先島サキジマ 凉傘リヤンサン 出入でいり