“石垣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いしがき97.2%
イシガキ2.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
石垣のあたりには、敵味方の死者がころがった。鼻をつく鮮血のにおい、いたでに苦しむもののうめきは夜空に風のようにひびいた。
三両清兵衛と名馬朝月 (新字新仮名) / 安藤盛(著)
日の暮れるころには、村の人たちは本陣の前の街道に集まって来て、梅屋の格子先あたりから問屋の石垣の辺へかけて黒山を築いた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
石垣島の宮良村には、なびんづうと言ふ洞穴があつて、祭りの日には、此穴から二色人が現れて来ると言はれてゐる。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
沖縄の石垣島の宮良村では、なびんづうの鬼屋に十三年目毎に這入つて行つて、若衆入りの儀式を挙げる。恐るべき鬼は、時には、親しい懐しい心持ちの鬼でもある。
鬼の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)