三両清兵衛と名馬朝月さんりょうせいべえとめいばあさつき
「馬がほしい、馬がほしい、武士が戦場で、功名するのはただ馬だ。馬ひとつにある。ああ馬がほしい」 川音清兵衛はねごとのように、馬がほしいといいつづけたが、身分は低く、年は若く、それに父の残した借金のために、ひどく貧乏だったので、馬を買うことは …
作品に特徴的な語句
かい ぱつ みん しょう づき 退しりぞ せい 清水せいすい 猛火もうか きず じょう 雑兵ざっぴょう 一振ひとふ りょう 城中じょうちゅう 城門じょうもん 夜討よう 寝所しんじょ 寝起ねお じゃく 左頬ひだりほお したが 御城おしろ 心得こころえ はじ 捕虜ほりょ むね 殿との 狂気きょうき 稀代きだい ほしいい 背後はいご はら わか たきぎ 鮮血せんけつ ひと 一人ひとり まん 下弦かげん 丑満うしみつ 乱軍らんぐん 二人ふたり 京城けいじょう 人夫にんぷ 人馬じんば 今晩こんばん 伏兵ふくへい 倭奴わど 先登せんとう 先陣せんじん かぶと 入城にゅうじょう 兵糧ひょうろう 出陣しゅつじん 到着とうちゃく 前肢まえあし 功名こうみょう 北方ほっぽう 双手もろて 右眼うがん 各将かくしょう 名誉めいよ 君臣くんしん しろ 城兵じょうへい へい 大将たいしょう 大豆だいず 太刀たち 姿すがた 家来けらい すん 将士しょうし しゃく まく 幡座まんざ 平首ひらくび 得意とくい 御礼おんれい 懸命けんめい 手柄てがら 拙者せっしゃ 指揮しき 敵陣てきじん 昇天しょうてん 明兵みんぺい 明日あす