“騎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
76.9%
13.9%
うま1.9%
1.9%
0.9%
0.9%
のら0.9%
のッ0.9%
また0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
尾の房々と長く垂れた白馬にまたがった一人の将校を先頭に黒馬にった十余人の一団が、猟人広場の方から赤い広場へ入って来た。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
もなくさまは三浦千葉二人武士においいつけになって、那須野ててわたしをさせました。
殺生石 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
(甲冑を着、太刀をき、あまつさえ、今朝からの戦いに疲れ果てた左馬介が、のまま湖上にのがれ得るはずはない)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ずっとすのを、轡頭いて、トトトト——と坊主が出たが
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
死者の霊その像の後の小孔より入りて楽土にけ往き馬を土地神に与え、その軍馬を増すと信ず。
それも其筈しをくれば系圖のことけれど、徳川つかたまだたぬ江戸時代に、御用取次長銘うつて、を八上坐めし青柳右京三世
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
けりくして馬士云樣話はで出來るから日のぬ中つせへ伯父樣と知ては勿體ない馬鹿
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それ、せた。おゝ、あのやうなでは、いつまでむとも、石道るまいわい。戀人は、ぶあのもない絲遊かっても、ちぬであらう。
白人は全部馬に乗り土人軍でも酋長だけはボルネオ馬にがった。暁を待って軍を進め陽のあるうちに野営した。斥候を放し不眠番を設けて不意の襲撃に備えるのであった。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
各〻、龍ノ如キ馬ニリ、士卒雲ノ如ク、コレニ従フ。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)