“騎士”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ナイト60.6%
きし33.3%
カバレロ3.0%
キャヴァリエ3.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「勇敢な騎士を見よ——だ。かうなれば俺は、もうこのまゝ、どんな火の上だつて、水の中だつて、このお姫様は離さないよ——だ。」
熱い砂の上 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
「きちんと身体に合っている鎧は、今までにもないことはありませんよ。中世紀のヨーロッパの騎士は、これに似た鎧を着ていましたからねえ」
宇宙戦隊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
勇猛な一人の騎士が槍を持って悍馬がり、おなじく勇猛なる牡牛に単身抗争してこれをすのがその常道だった。
これもまた髪をり、丹念に爪を磨き、キャロン会社製造の「謝肉祭の夜」という香水をさえ下着に振りいたのは、その昔、東邦の騎士に香を焚きしめたという故事もあり