小泉八雲の家庭生活こいずみやくものかていせいかつ室生犀星と佐藤春夫の二詩友を偲びつつむろうさいせいとさとうはるおのにしゆうをしのびつつ
万葉集にある浦島の長歌を愛誦し、日夜低吟しながら逍遥していたという小泉八雲は、まさしく彼自身が浦島の子であった。希臘イオニア列島の一つである地中海の一孤島に生れ、愛蘭土で育ち、仏蘭西に遊び米国に渡って職を求め、西印度に巡遊し、ついに極東の日 …
作品に特徴的な語句
可愛カワイ オソ イソ アブナ くせ ネム 接吻セップン 丈夫ジョウブ イワオ 沢山タクサン サビ 幽暗ゆうあん 風呂フロ 護符マモリ じき 下手べた かけ 身体カラダ 帰途きと 今朝ケサ 大工ダイク うら 老僧ろうそう さん うら いじ ノミ 家内やうち かご きたな おり 外観うわべ にぎわ 数奇すうき 嘆息たんそく あや こわ いか 怪談かいだん 彼女かのじょ かれ おび くさ 恐怖きょうふ たび 悲哀ひあい 幾度いくど 華族かぞく しん ひき 懐中かいちゅう きら むすめ わか ちゅう あつか おおい おさ そこな むつま 物珍ものめず かめ かたむ 仇敵きゅうてき さい 人跡ひとあと 静閑せいかん しお えが たたみ ほろ 騎士きし みな 髪飾かみかざり 乙吉オトキチ 盆踊ぼんおどり しゃく 一般いっぱん 相互そうご ひま 一雄カズオ かみ 同伴どうはん くら ぬす 下僕げぼく 玄関げんかん せま ねこ 煩瑣はんさ 煮魚にざかな こと