“蚤”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のみ90.3%
はや7.9%
ノミ1.2%
ブロハア0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さう言つたつて、これでもしたよりはでかいでせう。——一體そんなことを言ふ親分こそ身體を汚したことがありますかい」
按ずるに棭斎は識語を作るに当つてを其子に藉りたのであらう。しかし棭斎がく懐之に其古泉癖を伝へたことも、亦疑を容れない。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
ガ群ッテ集マルノデルノハ少シムツカシイ。シカシ朝、海デ泳グカラ、皆、夜ノ心配ヲ忘レマス。
芸術座ではイフゲニイ・ザミアチンの「」をやっていた。
踊る地平線:01 踊る地平線 (新字新仮名) / 谷譲次(著)