“捕蚤”の読み方と例文
読み方割合
ほそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もし鼠が人間なら捕蚤の懸賞でもするところだろう。ついでにペストの本家本元たるインドでは宗教上の迷信から殺生を絶対的に忌むので、鼠狩りの実行が甚だ困難なようである。
話の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)