“入道雲”の読み方と例文
読み方割合
にゅうどうぐも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……と言ふとち、天に可恐しき入道雲き、地に水論修羅の流れたやうに聞えるけれど、決して、そんな、物騒沙汰ではない。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
思いもつかぬことをされると、ハッキリ用意ができていないために、急に『不安』が入道雲のように発達して、正体までしてしまうのですね。
麻雀殺人事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
で、が、きらきらとしたが、あちらのには、入道雲が、もくもくとていました。
白壁のうち (新字新仮名) / 小川未明(著)