軍国歌謡集ぐんこくかようしゅう
私は人間が進歩したり、性格が一変したり、というようなことはあまり信じてはいない。たしかに人間は変るものだが、それはべつに進歩を意味しないし、他人になるということでもない。彼の中の感情の回路、納得の形式というものは、いつのまにか一定してしまっ …
作品に特徴的な語句
うわ 伽噺とぎばな 凝固ぎょうこ とま 可愛かわ のぞ 噂話うわさばな 一箇いっこ あが はだ あた かわ 叩頭こうとう 鼻翼びよく 饒舌じょうぜつ 飛鳥ひちょう 雀躍こおど 言下げんか せい 美味おい 繊弱せんじゃく から てら 墨書ぼくしょ 嘲笑ちょうしょう あたい 珈琲コーヒー 生垣いけがき 画鋲がびょう 畏怖いふ 疑獄ぎごく うず しび 癒着ゆちゃく しゃく 白鳳はくほう 相好そうごう まぶ まぶた そら 窒息ちっそく 符合ふごう 箇所かしょ メートル 糺弾きゅうだん あか 素人しろうと 紺青こんじょう 繁昌はんじょう 偽瞞ぎまん きも 胡瓜きゅうり あぶら 侮蔑ぶべつ 何故なぜ 膏薬こうやく 苦渋くじゅう いちご 蒲団ふとん 薬罐やかん かえる 裁断さいだん 醜怪しゅうかい 一味いちみ 黄昏たそがれ かつら 驚愕きょうがく 馬面うまづら 一風いっぷう 上衣うわぎ 風態ふうてい 顛末てんまつ かしら あご ページ 雑沓ざっとう 雄叫おたけ 不毛ふもう はやぶさ 闖入ちんにゅう ひらめ はさみ 負目おいめ しる 豪傑ごうけつ