“雑沓”のいろいろな読み方と例文
旧字:雜沓
読み方割合
ざっとう94.1%
ざつたふ4.6%
こみあひ0.7%
ひとごみ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
相手の姿が江戸の雑沓へまぎれこむと、容易に討ち難くもあり、影もくらまされる怖れもあるので、ぜひとも、東海道を旅する間に
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ドオモの前の広場には伊太利皇帝としての奈破翁の騎馬の記念銅像があり、其処が各所に通ずる電車の交叉点に人と車で雑沓を極めて居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
大尉が高きにはけおされてなど口々いふ、百より石原河岸、車の輪もらぬほど雑沓たり、大尉露伴氏実兄なり、また此行中社員あれば、此勇ましき人の出を見ては
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
あまり後ろから押し付けられる息苦しさに、時々背伸びをしようとしたり、肩を揺す振らうとして見るが、立錐の余地もない雑沓で、殆んど身動きが出来ぬ。まるで枷を篏められたやうである。
Dream Tales (新字旧仮名) / 谷崎潤一郎(著)