“友”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とも96.3%
ゆう1.6%
フレンド0.4%
いう0.4%
ども0.4%
アミ0.4%
アミ・デュ・プープル0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その金魚だちもなく、や、兄弟というものもなく、まったくのりぼっちで、さびしそうに水盤ぎまわっていました。
水盤の王さま (新字新仮名) / 小川未明(著)
本堂はもとよりひっそりしている。身動きさえ滅多にするものはない。校長はいよいよ沈痛に「君、資性穎悟兄弟に」
文章 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
で、僕もかうして窮迫してをる際ぢやから、憂を分つ親友の一人は誠欲いのじや、昔の間貫一のやうなが有つたらばと思はん事は無い。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
それは乳色夜靄燈灯をほのぼのとさせるばかりにめた如何にも異郷らしいだつたが、消息通の一つて上海をさまよひいた。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
わがともとめでよ人々
留魂録 (新字旧仮名) / 吉田松陰(著)
あるものはいわゆる「おだち」の男と同棲する。夫婦共かせぎする。そしてあるものは、正午のやすみ時間に働く、いわゆるミディネットになる。
日本脱出記 (新字新仮名) / 大杉栄(著)
いつも十時ごろのメトロにのって、腹の太くなりはじめた年輩の山高帽の男たちが、云いあわせたように「人民の」をひろげている光景ばかりを伸子は見なれて来た。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)