“泳”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
およ89.6%
およぎ7.3%
クヽリ2.1%
くくり1.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“泳”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)5.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.9%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ながいのや、まるいのや、またくろ金色きんいろのまだらなどの金魚きんぎょおよいでいました。
青いボタン (新字新仮名) / 小川未明(著)
そしてあのぶきりょうな子家鴨こあひるもみんなと一緒いっしょみずに入り、一緒いっしょおよいでいました。
およぎを知らない、常には川遊などをしない八十吉が、この『酢川おち』の日に、ただのひとりで川に遊びに来てゐたのである。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
およぎは出来たが、川水の落口で、激浪にまれて、まさにおぼれようとした時、おおきな魚に抱かれたと思って、浅瀬へ刎出はねだされて助かった。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
景行天皇に隙見せられた美濃クヽリミヤ弟媛(景行紀)は、天子に迎へられたけれども、隠れて了うて出て来ない。
最古日本の女性生活の根柢 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
景行天皇に隙見せられた美濃ノ国クヽリミヤ弟媛おとひめ(景行紀)は、天子に迎えられたけれども、隠れてしもうて出て来ない。
最古日本の女性生活の根柢 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
『日本紀』七に、八坂入彦皇子やさかのいりびこのみこむすめ弟媛おとひめは無類飛び切りの佳人なり、その再従兄に当らせたもう景行帝その由きこし召して、遠くその家にみゆきせしに、恥じて竹林やぶに隠れたので、帝くくりの宮にいまし鯉多く放ち遊びたもう。