“兄弟”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうだい43.1%
けいてい11.9%
きやうだい9.4%
ふたり8.8%
はらから8.8%
きょうでえ5.6%
けうだい2.5%
きようだい2.5%
ブラザー1.9%
ブリューデル0.6%
きやうでい0.6%
アミーゴ0.6%
ブラザーズ0.6%
えおと0.6%
きゃうでえ0.6%
きょうでい0.6%
オトドヒ0.6%
フレール0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その金魚だちもなく、や、兄弟というものもなく、まったくのりぼっちで、さびしそうに水盤ぎまわっていました。
水盤の王さま (新字新仮名) / 小川未明(著)
めては父母兄弟余所ながらの暇乞いもなすべかりしになど、様々の思いにりて、睡るとにはあらぬ現心に、何か騒がしき物音を感じぬ。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
がさめても何時までもるのがいゝか、がさめてもむつくりきるのがいゝか、そのことで兄弟つてました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
家に伝わる家祖のそんな遺言があるのを知ったのは、当時、兄弟ともまだ二十歳がらみのころだった。茫々、三十年ぢかい前だった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
宗矩は、さっきからそれを怪しんでいたが、老人も兄弟も、五郎右衛門については、一言も触れないので、とうとう訊ね出したのである。
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
兄弟、あれを聞いたか? うん、確かにあの男は何もかもみんな知ってたんだぞ。奴のを見ろ。ちゃんとあそこにえてあるぜ。」
よしや千萬里はなれるとも眞實親子兄弟ならば何時つてうといふしみもあれど、ほんの親切といふ一にかヽつてなれば
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
勉強家ける、懶怠られてはるけれど、はぬやうにがけておれ、けておは一なし、兄弟なしとふではいか
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
兄弟たちがあたかも実際に自分の肉体で経験したことがあるかのように、彼岸のものごとを語る声が聞えた。
もっと多くのコーヒーがつくられ、新しい葉巻に火がつけられ、兄弟マイエルはヴァイオリンをとりだしてそっと調律しはじめた。
おい、兄弟、これが、そら、お前に話したあの当人だよ。それあ見ものだぞ! お前の頭よりでつかいくれえのコップを
きょうは、昨夜は大将だったのが、兄弟に変っている。
人外魔境:05 水棲人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
兄弟たちの何人かもついてきたが、これはたいてい名前で思い出すことができた——兄弟レスト、兄弟パーゲル、兄弟シュリーマン
世は斯くぞ宇多の宇迦斯兄弟あれど帰服はずぞ仕へし
礼厳法師歌集 (新字旧仮名) / 与謝野礼厳(著)
自由で結構さ、兄弟。で、どんな海員だってこれより公平なことが言える者がいるなら、お目にかかりてえや!
何でもてんでに稼ぐのが一番だ、稼いで親に安心をさせなさるがい、私の体に何様な事があろうと、他人だから心配なせいやすな……兼、手前とも兄弟じゃアねえぞ
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
なつかしき我が兄弟よ我がために
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
「一寸、私のフィアンセにめぐりあつてよ、あの女達は、私の兄弟——あとでお祝ひしませうよ」
瑪瑙盤 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)