“ふたり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:フタリ
語句割合
二人66.8%
両人9.6%
男女6.3%
夫婦3.0%
兄弟1.8%
兩人1.7%
二個1.2%
母子1.2%
両女1.0%
両個0.6%
二女0.6%
姉妹0.5%
二箇0.5%
兩個0.5%
両箇0.4%
二者0.4%
姉弟0.4%
兄妹0.4%
両児0.3%
彼我0.1%
甲乙0.1%
老夫婦0.1%
主従0.1%
二客0.1%
兩女0.1%
両優0.1%
両名0.1%
両妓0.1%
二妹0.1%
二婢0.1%
二嬢0.1%
二童0.1%
兩者0.1%
兩親0.1%
典膳お浦0.1%
夫妻0.1%
母娘0.1%
父子0.1%
舅嫁0.1%
親子0.1%
長幼0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おやおや、まあ。めずらしい大きなだこと、さぞおいしいでしょう。うちへってって、おじいさんと二人べましょう。」
瓜子姫子 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
⦅何にも知らないんだよ! これは一つ、両人をいつしよにしてやらなきやならん。先づ第一に馴染みにしてやらなくつちやあ!⦆
男女の話こそ聞えなかったが、それだけの事実でも、範宴がいかに巧みな偽瞞者であるかは分るじゃないか。あいつにされてはいかん
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは私に代表させた私一家へ対しての、夫婦の感謝だったのかも知れない。子供だけれど潔癖だからと、白い御飯を光るようにいてだした。
仲よくお兄弟して、をとっておられたかと思ううちのことだった。俄に……み手の箸をも投げそうな語気を高められていたのである。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
し入んと計りき夜に昌次郎と兩人にて男女をし悴娘の着類を兩人の首をて川へ流せしき最早兩人より白状に及びしを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
まず「贖い主」の事を見るに、九章三十三節には「また我ら(神と人と)の間には我らの二個の上に手を置くべき仲保あらず」
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
閑話休題母子其處等くと、つた、のお帳場が、うの横町一個あつた。無論古道具屋なんです。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
両女は人目に触れないで二階へ上ることができました。お君は、先に立ってその一室の障子を細目にあけて中を見入り
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
褄前を揃えて裾を踏みくぐむようにして、円髷と島田の対丈に、面影白く、ふッと立った、両個の見も知らぬ婦人がある。
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
二女は今まで争ッていたので、うるさがッてを飛び出した吉里を、お熊が追いかけて来たのである。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
姉妹とも洋装で、髪はもちろん洋髪であった。
車中有感 (新字新仮名) / 上村松園(著)
洞穴から一里ばかりもった処に、一箇の飛行船があって、その側で二箇の人が何か頻りに立働いている。
月世界競争探検 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
そして、口も利けなくなつた、兩個の爺さんがよれつもつれつして醉つてゐるのを見て、樂しいとも悲しいとも知れぬ感じが身に湧いて、私はたび/\涙を飮み込んだ。
山寺 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
こう言って、夜道を緩々と東の方へ立去る両箇の旅人があるのを以て見れば、外は、やっぱり誂向きのいい月夜に相違ない。
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
殘りの二者之を見て齊しくさけびて、あゝアーニエルよ、かくも變るか、見よ汝ははやにも一にもあらずといふ 六七—六九
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ちょうど正雄が来合わせていて、姉弟は久しぶりで顔を合わした。正雄はこれまでにも二度ばかり親方を取り替えた。体の弱いので、あまり仕事のしい家では、辛抱がしきれなかった。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
三郎兵衛は、具足を解いて、平服となってから書院へ出、兄妹を迎えた。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
両児嬉々として、互いにもつれつ、からみつ、前になりあとになりて、室をで去りしが、やがて「万歳!」「さまあたしもよ」と叫ぶ声はるかに聞こえたり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
ねえ、貴方はの顔さへ見りや、に悪縁だと云ふのが癖ですよ。彼我の中の悪縁は、貴方がそんなになくたつて善く知つてゐまさね。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「その縁の尽きないのが、究竟彼我の身の窮迫なのだ。もかう云ふ事に成らうとは思はなかつたが、成程、悪縁と云ふ者は為方の無いものだ」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
かくて仲善き甲乙青年は、名ばかり公園の丘を下りて温泉宿へ帰る。日は西に傾いての東の山々は目映ゆきばかり輝いている。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
と話しながら石の門を入ると、庭樹の間から見える縁先に十四五の少女が立っていて、甲乙の姿を見るや
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
逆上してをかしき事を言ふらしければ、今宵一夜こゝに置きて、ゆる/\睡らせたしと老婆もいふに、男は老夫婦にまかせてお蘭は我が居間に戻りぬ
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
老夫婦は猶もおらん樣が詞の幾倍を加へて、今少し身躰のたしかに成るまでは我等が願ひても此處に止めたしと思ひしを、孃樣よりのお言葉なれば今は天下はれての御食客ぞや
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
難波の旅寝をその夜かぎりとして、次の日の主従はもう京へのぼる淀川舟の上だった。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
惜しくはあったが、かねてから主従は、ここで降りる予定であった。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
吉里が入ッて来た時、二客ともその顔を見上げた。平田はすぐその眼をらし、思い出したように猪口を取ッて仰ぐがごとく口へつけた、酒がありしや否やは知らぬが。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
お梅は二客の外套帽子を取りに小万の部屋へ走ッて行った。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
八重してめつゝまかなひてらすににはあらで一枚短冊なりけり兩女ひとしく雲形
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ならんと小走りしてりつ一枝手折りて一れかざしてるも機嫌取りなりぞしらず畔道づたひ行返りてなくべの雲水一人たゝく月下何方浦山しのやと見送くればかへるのはづれ兩女ひとしくヲヽとびぬ
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
両優とも若盛りで人気を争つてゐる間柄だつた上に、出し物は仮名手本忠臣蔵で、仁左が師直、鴈が判官といふ役割なので、双方の贔屓々々は両桟敷に分れて
「いや吉次。実は、こう両名とも、ご主君からご勘当をうけてしまったのだ」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
四、五たび両妓がぶつかるうちに、当然、黒さんをんで張りッこになった。お鷹は、お蝶に情夫があるのを知っていたので
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「よう、得心してくれた。そなたも妙齢。いや後の二妹を嫁入らせるにも、先ず、そなたから先にまらねばなるまいし」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今日に限つて、出時も昼后、供は一婢を、二婢にして、この間の今日の日に、お前ばかしを残すのは、よほど凄い思わくが、なくては、出来ぬ仕事じやないか。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
と互いにかたらうこの二嬢は。数多群集したる貴嬢中にて水ぎわのたちたる人物。まず細かに評せんには。一人は二八ばかりにして色白く目大きく。丹花の厳恪にふさぎたれどもたけからず。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)
二童は銭を握って表へ飛び出る。省作は茶でも入れべいとった。
春の潮 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
いざゆけ、導者よ、よ、師よ、兩者に一の思ひあるのみ、我斯く彼にいひ、かれ歩めるとき 一三九—一四一
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
今宵ひだけありしか如何に、さらでも御不自由のお兩親燈火なくばりて樣子りたきもの
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
と、頬に守宮刺青をしている一人の乾児が、梁から釣り下げられている典膳お浦を指さした。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その時、その妙善の梵妻が、お茶を持って入って来たんです。で、夫妻とも判然見た。
□本居士 (新字新仮名) / 本田親二(著)
お美夜ちゃんは、もうすっかりおびえきり、お蓮様も、何ものかにつかれたように、母娘はお梶に手を取られるまま、フラフラと膝を立てて
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
若くて、風采の立派な、情愛の深い父こそは、セエラにとってたった一人の肉親でした。父子はいつも一緒に遊び、お互にまたなきものと思っていました。
若し何としても動かすことの出来ない有力な証拠が現はれたらどうしよう——と舅嫁は胸をとゞろかせて出て行つたのであつた。
河原の対面 (新字旧仮名) / 小寺菊子(著)
その片棒を私がやって、親子で寿町の家を出て、入谷田圃を抜けて担いで行く。
甚之助かぎりなく口惜しがり、父君母君め、長幼令孃りあるきて、中姉樣すことヽらみ、をも一處にやれとまり、令孃へばもなくへて
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)