春の潮はるのうしお
隣の家から嫁の荷物が運び返されて三日目だ。省作は養子にいった家を出てのっそり戻ってきた。婚礼をしてまだ三月と十日ばかりにしかならない。省作も何となし気が咎めてか、浮かない顔をして、わが家の門をくぐったのである。 家の人たちは山林の下刈りにい …
作品に特徴的な語句
いけ 出逢でお ばつ まわ 可愛かわ こえ めぐ おろか ゆるや 塵屑ちりくず ゆあ かか こと たぎ ただ 意外おもいのほか どき じょう ごう かご 小路こみち ぬぐ ふる まばた 見留みと さい わか よめ みさお 私心わたくしごころ たとえ 旅亭りょてい あかぎれ 日向ひゅうが 贔屓びいき いえ 端折はしお 蓮葉はすっぱ おそ あやう かな しゃく 内儀おかみ 淫奔いたずら せば 小遣こづか おぼ かた あわれ にわ 万方ばんぼう 上手うわて からだ 無上むしょう 今日きょう あかり うるお 面持おもも 経上へあ ごろ あるじ ひさし なか たた 瞽女ごぜ すべ 硝子ガラス 綺麗きれい 祝儀しゅうぎ うかが たて ざる 籾種もみだね くわ くそ 糸瓜へちま ひも 紫檀したん 種井たねい 紛紜ふんうん 神々こうごう